「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
11:40:34
…更新は、ですね。

普通に出来ます。(笑
つまり、昨日の環境崩し→再構築作業は滞り無く終わったと。
やー、良かった良かった。(´ω`)

んでもって。
今日は細々としたモノの位置移動や調整をする訳ですけども、ちょっと
平行して塗装作業中のものがあるのでその時だけは違うものの殆ど
*へやのなかにいる!*(Wiz風味)という状態になりますので。
多分今まで頻発した休載の奪回分も込めて複数更新すると思います。

その1発目。
昨日からは緑の珪酸塩で繋げ、一気に地球を半周。
我等が日本より参りましょう。

緑閃石_愛媛1_480
春への扉・ver.2。

複数画像なので折り畳みます。

愛媛県四国中央市土居町、五良鉱山産の透緑閃石です。
この産地は「五良津」という名で聞く方が多いのですが、本品に
関してはラベルがこうなのでその記載に沿いました。
実サイズ80x65x40mmと私にしてはかなり大柄な部類に入るもので、
全体が所謂「陽起石」と言われるような結晶質塊になっています。
尚、当地の鉱物複数種はクロム含有の場合もあるそうで、この子も
ミョーに明るい緑色をしているので疑わしい部分はあるものの、
その辺に関しては記載が無いので良く判りません。
画像左側辺りは含クロム白雲母にも見えるのですがね。
片岩系特有のうねるような流理構造が実によく似合う一品と言えます。

結晶部分アップ。

緑閃石_愛媛1アップ1
先発のカリフォルニア産にも真っ向勝負な美しさ。

ちなみに「透緑閃石」という名、一般には緑閃石の内透明感に優れるものに
対する異名…実質鉱物名同等の別名として扱われている事が多いです。
ただ、場合によりこういった美品を産す特定産地のものに使われていたり、
緑閃石~透閃石中間種という扱いであったり、はたまた緑閃石を主とする
複数鉱種がこのように集まったものに使われていたりと、かなり使い手により
解釈に幅がある名称なので、決して常に同等とも言えません。
そのため鉱物種としての解釈は、緑閃石・透閃石とある程度隔離して捉えて
いた方が個人的には多分無難だと思います。
また美しいながら、近縁種や頻度の高い共産鉱が石綿一族に含まれる部分も
ございますから、標本の保存は一応密閉が適切でしょうね。
ま、元がごそごそして決して頑丈そうではないものが多いので、フツーは
そんな事知らずともケースインしている場合が多いと思いますけども。

ちょっとまた寒い感じになってしまいましたが、折りしも関東では先日
春一番が報じられた今、春への扉をまたコイツに任せるのも一興。
大地が眩しい緑に彩られるのも、そう遠い事ではございません。

私は初冬に田舎な地元に戻って来たので、特にね。(笑


BGM:なし

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1514-bcb0bfcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。