「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2013/02/05
19:22:44
こんばんわTONGARIです。

昨日休載の理由?
勿論寝オチですとも、ええ。 orz

気を取り直して。
今回は前回の方珪石から、色が印象的な子って部分で繋げて参ります。
…っても、今回は別にミョーな色ではありません、本鉱として至極普通です。
ただ、私自身が¥ボーダー越えを承知でサーモンハントをしてしまった。
そのくらい、インパクトに満ちた「普通の」色味を持っております。
完全再現とは流石に参りませんが、その片鱗だけでもご覧あれ。

ぶどう石_ナミビア1_480
「突き抜ける」ってこういう事を言うんでしょうねぇ。

ナミビアはブランドバーグ産、ぶどう石です。
実サイズ50x40x40mm程の中庸級で、全体が本鉱のロゼット状結晶群です。
下面に僅かに石英が付いており、出っ張った部分をトウモロコシの実の如く
もぎっと引き抜いたよーな状態になっているもので、マスカット色と言うにも
少々鮮やか過ぎる位の明るいマスカット色。
もしこれでまん丸だったら、きっとえらい事になっていたでしょう、値札が。
しかしそれを思えど尚、色味だけでも風景と化す典型のような子です。

実の所、私の画像の趣味と傾向故、これでも少々暗めに写っています。
もし明るく撮ったら、恐らく慣れない私ではハレって飛びかねないでしょうね。

この子に付いてはもう、色が全て。
勿論完全な球形ではないとは言え、比較的良好に整った丸さや破断面を持つ
割にはダメージが殆ど無い点、透明感も中々良好等褒めるべき点は他にも
幾つもあるのですが、私にはその全てがこの色を活かす為に見える訳で。
なので、自分的に「これなら」と思った本画像をご覧戴けばOKかなーと。
皆さんにはどう見えるでしょうね?

…モニターの個体差とかは判りませんけど。(苦笑


BGM:Tower Of Power「Skating On Thin Ice」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1511-6d43ab99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。