「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
17:27:30
おこんにちは。(*´ω`)ノ
畳み掛ける眠気に若干敗北気味で本日頭痛の鬼と化している
6畳間deペインキラーTONGARIです。

「頭痛」が「ずつう」からしか変換出来ないのは納得行きません。
元は「づ」が正確な読み仮名なのに…。

まぁそれはいいとして。
この頃鉛系の石が出てませんでしたので、本日の石日記は
久々に鉛関連の石です…といっても、鉛鉱物という訳でもないですけど。

天河石_コロラド1
名産地・米コロラド産の微斜長石、その内「鉛発色」で緑色になったもの、
つまり亜種名:天河石(アマゾナイト)です。
実サイズは30x20x15mm程のコンパクトサイズ。
「ボクは微斜長石ですっ」ときっぱり良い感じのバベノ式双晶の結晶形で、
ワンコインというお値段の割には緑もまぁそこそこ。
若干の剥離跡や明らかに水晶を採った跡(苦笑)もありますが、これだけ
整ったスタイルでこのお値段なら、突っ込むのも野暮ってものでしょうね。

アマゾナイトは個人的印象で「産地で価格差が激しい石」の1つでして。
一番良く見かけるロシア系(濃青緑に多数の白線)はその美観に対し
異様とも思えるほどに安いのですが、ブラジル系(色は中間的で若干
透明感が高め)になるとひょいっと1段上がり、更にアメリカ系やそれに近い
エチオピア系になると数段上がったりと、かなり変動します。
(あくまで全体的な傾向の印象ですが
ま、アメリカでやたら人気のある石らしいので、アメリカ系が高いのは
何となく判るんですけどね。

で、この青緑は先述の通り鉛の微量混入による発色です。
面白い事に、当の鉛自身が主体の鉱物で、自色で青緑を出している鉱物って
殆ど無いんですよ。緑鉛鉱ミメット鉱も混入物質の発色ですし。
(共に自色=条痕は「白」
鉛鉱物も結構数多いので、知らないのがあるかもしれませんから
「殆ど無い」記載ですが、もしかしたら「全く無い」かもしれません。
なのに、何でかここではその鉛が青緑色の素に。
イオン配置や偏光性等光学性質が絡んでくるのでしょうが、不思議なもんです。
しかも、この石も普遍的な鉱物と普遍的な元素のタッグなのに、
意外と産地が限られたりして。
有名な話ですが、「天河=アマゾナイト=アマゾン川」という由来なのに、
アマゾンエリア一帯では産出しないそうですしね。
きっとイメージだけで付けた名なんだろうなぁ。(苦笑

小さいものなのですが、結晶形ははっきりしていますし、色味も「コロラドっぽい」
ですし、ちょっとだけ煙色の石英がくっ付いていたりして、産地の特徴がちゃんと
備わっている良い石です。「お子様大使」的な可愛さがあります。
正直余り綺麗なものとは言い難いのですが、ミョーに愛着が。(笑

うーん、私やはり緑の石が好きなんですねぇ。
気付けば水晶に限らず、色々増えてますわ。

これもそんな「色々」ある和み石の中の1つなのです。

BGM:Opeth「Deliverance」
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/151-6dc5d197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。