「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2013/02/02
21:13:11
どうもこんばんわ。
今日はホントに暖かい…いや、生温い日でしたねぇ。
何か暖かかくて晴れているのに、湿気がやたら強くてそんな気がしないという
冬場には随分とレアな大気を吸っていた気がしないでもありません。

本日は昨日から、鉱物種のコンビネーションで繋げましょう。
実はコレもお気に入りの子なもんで、何時出そうかな~(じりじり)と
結構長い事タイミングを伺っていた子だったりするんですよね。
画像を撮るにはかなり試行錯誤したのですけども、何とか私目線の
雰囲気を出せたかなーと思います。
多分。

煙水晶緑簾石_ナミビア1_480
どっちかというとガテン系列かな?

複数画像なので折り畳みまする。

ナミビアはブランドバーグ産の煙水晶&緑簾石です。
そこそこの数が登場している当地名物の水晶群ですが、何気に明確な
母岩付はコイツくらいで、こうも同列級にあるのは初かも。
ついでに紫混じりでない純粋な煙もコレ以来の2つ目ですね。

実サイズは45x30x15mm程の小型やや大きめくらい。
多量の細かい緑簾石を伴う長石(両側の白~淡褐色部)に挟まれた状態で
少々扁平な両錐の煙水晶が鎮座した一品。
水晶は多少平行晶が出てはおりますが、内外とも比較的素直な状態です。
骸晶や多段ファントム、豪快なミスト、各種インク等が多い当地のものと
しては、明確な共産部分はともかく水晶本体はかなり大人しい方でしょう。
尚中央左手辺りに豪快なクラックがありますけども、これは両側長石部の
食い違いで出来たような感じなのでダメージではないと思います。

煙水晶緑簾石_ナミビア1アップ3
ラベル記載外の長石にもちゃんと出番を。(´ω`)

そんな扱いですけど、長石も結構キレイ。
採取痕近辺は流石に劈開面ですけども、それ以外はかなりきっちりと結晶形を
保っておりまして、個人的には正直記載した方が販売するモノとしていいんじゃ
ないかとか思ったりして。
確かにそういう意味では地味なヤツかもしれないですが、これだけ存在感が
あってモノも良ければ充分手間を掛ける価値はあると思うんですがねぇ。
現地で出来なくても、後付けもしないのはちょっと勿体無いかな。

煙水晶緑簾石_ナミビア1アップ2
…まぁ、確かに見えてる面の6割以上はこんなんなんですが。(苦笑

煙水晶緑簾石_ナミビア1アップ1
緑簾石の大集団(´▽`)ワーイ。

ご覧の通り緑簾石はかなり小さいです。
実測はしておりませんが、大きいもので高さ2mmあるかどうか程度でしょう。
しかし細かい癖に結晶自体はご覧の通りかなりしっかりしておりまして、
ルーペさえあれば非常に美しい本鉱製の芝生を眺める事が出来ます。
晶洞粘土と思われる部分がかなり残っておりますけども、コレは多分本鉱の
結晶がミョーにしっかりしているために破損を恐れてクリーニングの手を
付けなかったんだと思います。
…いや、キモチはよーく判る。( ̄▽ ̄;

煙水晶緑簾石_ナミビア1アップ4
インク部だとしっかり加減が良く判る。

この子のお迎えに際しては、全体の形状や色味のバランスが良いとか、
各鉱の状態が良いとか、実はかなり安価だったとか付けようと思えば
幾らでも理由はありますが、お迎え時にぱっとココロに入って来たものは
たったの1つだけ。

「あ、コレどっかで見た『遺棄された宇宙船』そのものじゃん。(゚∀゚)」

以上。(笑
私自身が何処で見たんだか忘れましたけど、草原とかに半ば埋まって苔むした
宇宙船とかSF系の作品でよくあるじゃないですか。
私には初見時、瞬時にそれに見えたんですよね。
そして気付いたら購入手続きしていたんですよね。
だもんで、ある意味で盆栽派全開の子でもあるんですよね。
盆栽派故に「見立て」にかなり重きを置く私の、この子はお迎え的な意味で
会心の一撃と言えるヤツだったのです。

こういう子と出会えると、ホントに幸せ。(*´ω`*)



BGM:Ben Harper「Suzie Blue」

スポンサーサイト


次の記事:如月。
このページのトップへ
前の記事:寒中暖。
コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1509-295c2a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。