「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2013/01/20
21:37:27
どもコンバンワ、昨日は寝オチ休載orz失礼致しました。
本日の石日記でございます。

今回は柘榴石繋がりでこちら。
何となく色味も似たような感がある子で参ります。

満ばん柘榴石煙水晶_中国2_480
みっちり。

複数画像なので続きへGOです。

最早御馴染みの一品ですね。
中国福建省漳州市云霄县産の煙水晶&満ばん柘榴石です。
実サイズは40x15x10mm程、扁平な板状結晶となった淡色の煙水晶の
片面一杯に、黄橙色の柘榴石がみっしりと密生したもの。
柘榴石はサイズは違えどほぼ全て半分埋まったような偏菱十二面体の形状で、
照りや透明度は結構高め。
煙水晶の方が白濁しているので透明度は少々実感し難いのですが、逆に色味に
とっては抑え目のコントラストとして良い感じに纏まっています。
尚、一部の柘榴石は水晶内にインクしておりますけども、これは当地産では
非常に良くある事ですね。

スケールグラデーションのように周囲から中央に向かって大型化していく
産状は、理由は良く判りません。
結晶は生成時凸部に集まり易い傾向があるとどこかで聞いたような気が
致しますので、もしかしたらそのせいかも。

満ばん柘榴石煙水晶_中国2アップ1
柘榴石アップ、当国産としてはダメージも少ない部類ですね。

で、片面だけに出来た理由ですが。
コレは割とはっきりしておりまして、単に裏が接地面だったからかと。
とは言ってもこの水晶、裏が破面や剥離面だったりする訳でもありません。
ちゃーんと全面きっちり結晶しており、そんな面は何処にも見当たらず。

満ばん柘榴石煙水晶_中国2アップ2
いわゆるエレスチャル系に近いかな。

この面の結晶間部分には、かなりの土状のものが噛んでおります。
ペグマタイトという産状から考えて、まず間違い無く粘土類でしょうね。
となると、コイツは以前マダガスカル緑で立てた仮説と似たような
状況で、粘土の上に浮くようにして結晶したのかも。
となるとフローターの一種とも言える訳ですが、さて真相はどうなのやら。

我が家の周囲にはミカン畑が多いです。
ってか、我が家もミカン兼業農家だったりします。
この時期になると時折ここでオレンジ系の子を出したくなるのは、もしかしたら
その辺の影響で湧き上がる郷愁の類なのかもしれませんね。

…ま、郷愁も何も今そこに住んでいる訳ですけども。(苦笑


BGM:Mr. Big「Wild World」

スポンサーサイト


次の記事:不覚。
このページのトップへ
前の記事:掴み所。
コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1498-d47a6ec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。