「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2013/01/07
21:45:20
…何か昨日と方向性が同じなような。

こんばんわ、TONGARIです。
いやー、レジンってあんな高かったんですね。(汗
ホームセンターで見てびっくりしましたよ。

それはともかく。
本日の石日記、コタツに続いてそんな感じで参ります。
同じお迎え元からの子なのですが、実はコイツには私にとって
保存性的理由により特S級NG鉱が伴ってしまっていたりします。
でもまぁ、殆ど中ですし、ソイツの存在がこの子の場合には
風景的に欠かせない要素になってしまっていたので、同じ系統の
ものはもう買わない事を条件にあえて目を瞑る事にしました。
なので、保存性長期試験的にマイクロ1個ある以外では、私が
その鉱物を所持する唯一の標本でもあったりします。

石黄_中国1_480
コイツはねぇ…。

複数画像なので続きへどうぞ。

中国は青海省、黄南チベット族自治州同仁産の石黄です。
そして、MY最大級NG鉱物である鶏冠石を伴っています。( ̄▽ ̄;
最初は同じく石黄を産出する地域で、辰砂で有名な貴州省銅仁
(「銅仁」と「同仁」は英語表記が同じ)の事かと思ったのですが、
良く見たら州が違いました。
当初ラベルミスも考えたのですが、調べてみたら青海省にもちゃんと
この名があったという訳で。

でもmindatだと青海省側には石黄も鶏冠石も記録が無いという。(苦笑
(ちなみに貴州省側は勿論ばっちりあります)
うーん、mindatはたまにそういうのありますし、ラベルが合っていると
思うんですがねぇ…ちょっともにょりは残るかな。

実サイズは大体45x40x30mm程のごろっとした結晶塊。
私は他に石黄の結晶をコレしか持っていないので良く判りませんが、
多分半塊~塊状のものを劈開割りしたものだとは思います。
ただちまちま錐面っぽい所も見られるので、ブラジルアメみたいな
つくつくアタマの状況なのかもしれません。
この辺は私の経験不足ですね。

で、この子は先述の通り鶏冠石を伴っています。
こちらも殆ど塊状のもので、表面に付着或いはインク状態で存在。
インク側はいいとして、表面が何時まで持つか非常に心許ないです。(汗
あと少し黒いものが見えますが、これは方鉛鉱か閃亜鉛鉱辺りでしょうか?

石黄_中国1アップ1
なまじキレイだからより困る。

但しこれまた先述の通り、この鶏冠石がいるが故にこの子が強烈な
風景要素を持っているのも確かな訳で。
ただし表面付着はせいぜい根元の↑画像程度なので、そっちじゃありません。
真価はインク側にこそあります。
当然、濃色半透明且つ表面光沢の強力な石黄の内部なんてそのまま見たって
大して見えるものじゃありませんから現物同様メイン画像のような普通の状態では
殆どお判りになれないでしょうけど、この子のもう1つの顔はこう。

石黄_中国1アップ2
光で雰囲気が一変。

この余りにも美しくも暖かい透過色。
素の状態の波打つような亜金剛光沢の姿も勿論の事ながら、
この色合いにはすぱーんとやられてしまいました。
どのぐらいかと言えば、NGな鶏冠石の存在を知って手を出す程に。
だって、凄い存在感じゃないですか。
鉱物標本を色々見ていると単に押し出しの強い子は結構色々ありますが、
そこにここまでしっかりとした優しさと言うか柔らかさと、暖かさのある
組み合わせが成立している子はそうはおりません。
多分私の手持ちの子の中でもその点ではトップクラスでしょう。

…しかし、やっぱ何時まで持つのかは不安。(苦笑
一応インク側が主体なので完全露出したものほどの心配は必要無いとは
思うのですけども、石黄も一応弱度とはいえ同様の劣化傾向がありますし
2者混在だと早い側へ併せ気味に促進される可能性もありますし…。

出来れば長生きして欲しいものです。


BGM:The Derek Trucks Band「My Favorite Things [Live]」

スポンサーサイト


コメント
こんばんは。
こたつでダメダメ没落人生驀進中です(=_=)ノ
その代りほかの暖房は使ってないのだ(自慢になりません)

サルファー、綺麗です。
師匠の手持ちとしては大き目ですね。
大きくなくていいので透明感のある母岩付結晶が欲しいなーと思っているんですが・・・。

そういえば、先週末の柘榴ファミリー、被ってましたね(^_^;)まぁ色が違うから気にしないってことで。
ツァボさんも欲しいとは思うんですが、気になるものは高価でねぇ;

お誕生日近いですよね?おめでとうござりまする。

tomoko│URL│2013/01/08(Tue)21:21:58│ 編集
Re: タイトルなし
今私の暖房は布団のみッ!!

…あれ?
もっとダメか?ヽ(・∀°、)ノ

>サルファー
っと?
硫黄じゃなくて石黄ですぜ棟梁。
硫黄の母岩付なら、探せば割とあっさり見付かる気がします。
透明感を狙うなら、ロシア・サマラ産ですかね。

>柘榴
んですね。
いかんせん、私他の人見るの書いた後なもので。(苦笑
ツァボさんはもう1つ入手したので、当分いいです。
ってか、そうしないと仰る通り懐ががが。
まぁ石趣味なんてどうせ終わらんのですし、お互い気長にいきませう。

>誕生日
です、ありがとうございますー。
いやはや、実家で過ごす事になるとは思いませんでした。(苦笑



TONGARI Take│URL│2013/01/08(Tue)21:31:40│ 編集
>硫黄じゃなくて石黄ですぜ棟梁。

はうっ(°Д°)
あんれー勝手な思い込みだー;
どこかで昔、オーピメント(硫黄)と見て、そのまんま信じてました;
「へ~オーピメントも硫黄なんだ~」くらいで
黄色いから全く疑問に思ってなかった。
いかんなー
一つ賢くなりました<(_ _)>

寒い寒いっといいながら、フリースジャンパー着こんで刺身とウーロンハイってどうなんだか。

tomoko│URL│2013/01/09(Wed)19:13:09│ 編集
Re: タイトルなし
あー、あるある。(笑
私も以前、誤訳で危うく放射性鉱物買いそうになった事が。
(↑幸い直前に何かで見た英名で気付いた
それに比べりゃカワイイもんですって。

>ウーロンハイ
寒いのにビールよりは軽症と思われます。

TONGARI Take│URL│2013/01/11(Fri)21:18:12│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1489-492ad059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。