「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/12/26
21:29:22
どもこんばんわ、本日の石日記です。

画像里帰り品の流れ、本日も同じお迎え元より。
でも、そのお迎え元の子の画像がこれを含め数個しか無かった内から
選んだとはいえ、正直結構寒い今夜には涼しげ過ぎるかもしれません。(苦笑

…でも、他のはもう少しタイミング見て出したいモノだったんですよ。
だから暖房の無い我が部屋に免じてご勘弁を。

斑銅鉱_ウィスコンシン2_480
何気に産地限定され易い気もする。

お久し振りの鉱物種ですね。
米ウィスコンシン州はFlambeau鉱山産、斑銅鉱です。
以前同地同鉱が登場しておりますが、実は購入時セットだったもう1個だったり。
実サイズは35x25x25mm程の錆色も鮮やかな塊状ラフ状態で、自形結晶を
作り辛く極めて錆び易い斑銅鉱としては最もスタンダードな姿。
むしろ盆栽的にこの錆があるからこその斑銅鉱、なのかな?
以前登場の子と比べると結晶形は確認出来ないもののやや粗粒な感じの
塊で、もしかしたら塊としての結晶度は高めなのかも。
また、錆色は青みが少なく紫がほぼ主体になっている感じです。

あと、画像上部の辺りに褐色の脈があり、小さな隙間に何かの結晶が
出来ておりますが、この正体はイマイチ判然としません。
どうも金属鉱ではないようで、形や雰囲気からすると恐らく石英だと思うの
ですが、明確な部分が見当たらないのであと一歩確証が足りませんね。

斑銅鉱は殆どが塊状ではありますが、それでも結構硫化鉱物の中では
多産する上に華もあってとっつき易い子だと思います。
思うんですけど、いざ探すと意外にあるようで無かったり、あっても
産地がここを含めた数箇所に限られがちに思います。
(酸処理黄銅鉱の所謂人為加工「ピーコックオア」除く
単体以外でも有名処はメキシコ・ザカテカス等で出る自然銀と混在する
ものとか数種が浮ぶ程度ですかねぇ。

非常に艶やかな美しさのある鉱物なので、個人的にはもう少し色々と
選べると楽しいのですが。
業者さん、その辺何とかなりませんか?

…それとも、やっぱりそれでも硫化鉱は「否一般向け」なのかなぁ。


BGM:Herbert Von Karajan: Berlin Philharmonic Orchestra
 「Holst: The Planets, Op. 32, H 125 - Mercury, The Winged Messenger」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1482-afe29030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。