「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
15:57:23
ヤハー。
いやぁ、結局レポ書けるのが終了後になっちまいました。
何時もどうにも使えないタイミングですみません。(汗

まぁ今回はちょっとね…。
直前まで参戦可否が不透明だった上に、引越し→法要→ショーの連続多忙期間が
一段落して気が抜けたせいかそれとも疲れが溜まっていたのか、久々に常用薬を
胃に喰らっちまいまして。(;´Д`)
今日になって某ブロッカー系の薬調達して飲むまで悶え気味だったんですよ。
なので今回はホント勘弁してください。

で。
普段のショー参戦は土曜が多いのですが、今回は都合上日曜参戦に。
地元からだと町田と違い特急がやや遅い時間でないと無いので、一番早い特急でも
到着したのは会場後間も無い頃でした。
ちなみに今回も招待券を戴いたので入場はスムーズでした。
ホントありがとうございます、助かります。

人は多かったみたいですね。
お話した方々も店舗の方々も、一様にそうおっしゃっておりましたし。
確かに歩いていて若干やりにくい感がありましたから、実際そうだったんでしょう。
ここ最近のショーではむしろ閑なお話しか聞いておりませんでしたから、年内最後に
して最大のショーという部分こそあれ、ほっとした部分ですね。
関東圏では段々開催されるショーも増え、何となく参加側が取捨選択しつつあるように
感じる昨今の気配の中にあっては「流石池袋」といった処でしょうか。

現地での事ですが。
実は今回、私は実際疲れが溜まっていた事もあって何時ものように「1日で3周くらいは
してやるぜヒャッハー」とはいかず、1周ざっと流し見こそはしましたがきっちりとは
お世辞にも言えない程度のスローペースでしか見て廻れませんで。
とりあえず知己の業者さんにご挨拶して里帰り画像をお渡ししてからは、今回は完全な
流浪式ではなくある程度店舗決め撃ち気味で渡り歩く感じになりました。
とはいえ実際にはそれでもカバーしきれず、某店様や某店様等は殆ど見る間もなく
閉場時刻を迎えてしまいましたが…。
まぁ今回は通常参戦出来ただけでもラッキーだったので、仕方ないでしょう。

しかしそんな状況且つ低め予算の割に、個人的に戦果は悪くなく。
自身が不調故に普段以上に自分に正直(=難しく考えるのが面倒)な子が多かったように
思ったりもして。
尚、今回戴き物2つ込みで全30点と意外にも普段より多め。

12池袋戦利品
何時も通りネタばれ防止に「肝心な所が見えない」画像で。

サイズはご覧の通り殆どがサムネイル~若干大きめ程度で、1つだけ70mm辺程の
ものがあるのみのボーダーブレイク無し。
価格は正札ブレイクが幾つかありますが、値引き考慮でもブレイクしているのは
普通なら正札の時点で充分安価なもの2点のみなのでまぁ問題ないでしょう。
平均だと大体¥1400ってトコなので、充分何時も通りですね。

後、今回私にしては珍しく盆栽として良い子は前提なので当然ですが、結晶が
キレイな子が結構多いです。
特に狙った訳では無いのですけども、結果的にそうなってしまいました。
や、勿論悪い事どころか良い事ではあるんでしょうけども、特に意識しておらず
普段は比較的そうでないものと均衡が取れているので、この偏りは少々意外です。
尤も一般論的に言えば、低価格帯でも小型を基本にすればそうなりやすいのは
当たり前かもですけど、あくまで盆栽選びの私にしては偏ったなと。

今回の戦利品…前回の赤レンガもですけど、一応一段落付いたとはいえまだまだ
撮影ブースを復旧するトコロまでは今少しかかってしまいますから、特集は
すぐには始められません。(´・ω・`)
年内にブース作成が出来るかどうかなので、多分暫く経ってから以前のように
数回分まとめての合同特集になると思います。
私自身出したいですし、楽しみにして戴いている方ももしかしたらいらっしゃるかも
しれませんが、すみませんがご了承下さい。
普段の石日記に関してはまだまだ画像備蓄が充分ありますから、そちらは事情の無い
限り出来るだけ毎日更新の予定です。

ともあれ。
少々遅れ馳せながら本年最後のショー、参戦者様・店舗様・スタッフ様、皆様本当に
お疲れ様でした&ありがとうございました!
今年も良い石ライフを送れました、来年もまたこの楽園でお会い致しましょう。

※オマケ
個人的に前から探しているものを見つけたものの、価格・サイズ共に豪快な
ブレイク状態だったため手が出せず、頼んで写真だけ撮らせてもらいました。(笑

12池袋ルーマニア蛍
普段の印象的には盲点産地の1つだと思う。

ルーマニア産、方解石上の球状蛍石です。
東欧は意外と蛍石を見掛けない事に気付かれないという意味で、ブラジルと
双璧を成すと思っているのですがどうでしょうね。
しかし、こう、1/5くらいのサイズだったらなぁ…。(苦笑


BGM:Syd Barrett「Love You」



スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1473-a3ada59d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。