「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/12/08
19:19:11
さて、今日の外せない用事は終了いたしました。
これで後は、明日の池袋を夢見て夜を過ごすだけです。

遠足前小学生の如く寝過ごさないように注意注意。( ̄▽ ̄

前回記事に書いた通り、行けるかどうか割と直前まで不明な状況だった
だけに、参加出来る喜びもひとしおです、wktkです。
まー未撮影分が更に増えるというのっぴきならない事情もあるには
ありますが(苦笑)、そんなのは後に悩めば良い事。
今は徒、明日の良縁を祈りつつ静かに過ごすのみです。

方解石_テネシー1_480
こういう「何気な技有り」な子も見付かるといいなぁ。

そんな本日の石はこちら。
米テネシー州は銘山エルムウッド鉱山産の方解石です。
実サイズは35x20x20mm程の全体が方解石で出来ているアグリゲートで、
その上部がご覧のような犬牙状結晶群になったもの。
1つ1つは小さいのですが、故に結構しっかりした形状のものがみっしり
林立しており、ミニ盆栽として非常に良い風景を持っている子です。
某web店さんで見付けてから割と長い事売れ残っていたものが結局ウチに
そのまま来たという、私にはままあるお迎えシチュを経ている子です。

周囲に付いたものは情報が無く、表面が方解石に覆われていてイマイチ
観察し難いので何とは断定出来ませんが、恐らくは黒灰色でやや柱状晶癖の
金属鉱と、褐色の方は苦灰石の2種であろうと思います。
金属鉱の方は見た感じ輝安鉱のような雰囲気なんですけども、mindat登録だと
当地に輝安鉱は無いですから違うかも。
リスト内からだとすれば、一番怪しいのは白鉄鉱でしょうかね。

以前同地産の蛍石で似たような事がありましたが、当地で方解石と言うと
印象としてスラッと出て来るのは所謂「ステラビーム」系の黄色~黄褐色で
両錐型を基調としたスタイルのものだと思います。
しかし、この子は犬牙状ではあれど片錐のみの林立系でしかも完全無色。
あっても何ら不思議じゃございませんが、いざ発想としては言われるまで
意外とあるという意識が出ては来ないタイプのもの。
少なくとも、ぱっと見せられたらエルムウッド産とは出て来ないでしょう。
こういう無意識の隅っこを突くような子は、以前から申しておりますが私には
大好物と言える系統の1つなので、この子も決して派手ではありませんがその
清冽な風景もあって非常に気に入っている子なのです。

全部が全部こうである必要はありませんけども、年間で一番こういう子を
探し出せる可能性が高いのは間違い無く最大規模のショーである池袋。
ここ暫くずっと色んな疲れが淀んでおりますから、明日は是非ともそういった
モノに眼を曇らせる事無く素直に選べるようにしたいものです。

ま、多分現地に行くだけでテンション上がってスッキリすると思いますが。(笑
好きはパワーですよ、うん。

では、明日参戦の同志諸氏。
明日は無事の参戦と良き出会いが出来る事を互いに祈り、今夜をゆったりと
過ごす事にしましょう。
もし現地で私をお見掛けしたら、怖くないので弄ってやってください。


BGM:HDD整理中で無し

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1471-bc50f977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。