「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/12/07
18:58:44
いやー、ここ最近どたばたどたばたと。
今週一杯でようやく一息付けそうなので、あと1歩ってとこですかね。

そうそう、今年の池袋ショーですけども。
某所より招待券を戴いたり(感謝)していたものの正直昨今のタイミングや
事情で不参戦も覚悟していたのですが、何とか行けそうです。
ただ、今回土曜にはどーにも外せない用事があるので日曜に。
だもので、何時もの石友さん達とはどうもすれ違いみたいです。
しょぼん。(´・ω・`)

ま、行くからにはきちんと楽しみますよ、ハイ。

とまぁ、ざーっと現状報告と池袋の予定を書いた所で、石日記は簡潔に。
引越し前までずっと古参系の内水晶が主役な系統の流れでしたが、
折り良く誕生石記事で否水晶系が挟まった事ですし、そっちへシフト。
今回から暫くは古参の否水晶系で行こうと思います。

天河石_ロシア3
ジャブ。

ロシア産アマゾナイト、つまり微斜長石のタンブルです。
以前ロシア産の本石は母岩付自形結晶を登場させておりますが、今回の子は
恐らくと言うか高確率で塊状脈出身の子だと思います。
いや、斑晶の雰囲気がそれっぽい以上の明確な根拠は無いですけど。(苦笑
実サイズは25x15x10mm程のやや扁平な角の丸い直方体といった感じで、
全体にいかにもロシアっぽい緑色の強い色調と、濃さと透明感のバランス
に優れた爽やかな気配をもった何気に気に入っている子です。
風景という点では研磨品である以上どうしても弱くなる部分がありますが、
きちんと気配で補ってくれるなら私的には問題無いんですよね。
出会いが少ないだけで。

どたばたしてた事々の、ひとまずのトリとなる池袋ショー。
後1日少々の僅かまで迫りましたが、このまま丸く緑信号のまま
何事も無く参戦といきたいものですね。


BGM:HDD整理中で無し



スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1470-4e9c3b57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。