「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/11/03
21:12:43
Oh、更新出来ターネ。

そんなんで簡潔にですが本日の石日記。
古参水晶の流れでブラジル出身の子がまだまだ続きます。
流石私の基本産地だけあって、ホントに多いんですよ、これが。( ̄▽ ̄;
今回は副次要素をインクからコーティングにシフトしてこの子をば。

タンジェリン水晶_ブラジル4
特に濃く写っている訳でもなく。

ブラジルはミナスジェライス州、コリント産の"タンジェリン"水晶です。
実サイズは60x50x35mm程と私的中型辺り、やや結晶が寝そべっていたものを
採ったようなので、本画像の後ろ斜め下方向に採取痕があります。
下方は殆ど結晶形が無くなるくらいみっちり群れた実質石英塊みたいな状態で、
その中ほどからぴょこっとメイン含め数本のポイントが佇立した感じ。
また脇に見える細かいものは後付け状態の結晶が群れた部分です。

タンジェリンはこれで登場としては第4号になります。
尤も内1つはタンジェリンと言っていいか人により意見は分かれそうですが、
まぁやっている事は同じなのでこの際置いておきましょう。
そして3号がコレ1号がコレ。
但し入手順で言うと1号が最初で次にこの子、後は3号→2号となるので実は
手持ちのタンジェリンの中でも古参な方だったりするのです。

しかし、タンジェリンと言ってもやっている事は同じ酸化鉄コート。
それなのに、よくもまぁ見事四者四様に個性が分かれるものです。
この子は入手順的には2号になりますし、とことんキレイ系に徹した1号と
並べれば正に「技の1号・力の2号」。(笑
全面にほぼムラなく極めて濃色、しかし透明度は殺さない程度に色付いた
様は本当に柑橘の中でもこれぞオレンジ色、って感じの佇まいですね。
あまりにきっちりコートしたせいか下方に半ば褐鉄鉱塊と化して溜まった
酸化鉄が、乾燥済な陳皮っぽい感じになってしまっているのはご愛嬌ですが。

暫く前からここ最近、タンジェリン系の良品が出ているようですね。
一時期ミョーに流通の循環で廻って来たものを見なくなっていたような気が
していただけに、個人的にちょっと嬉しいかもしれません。
選ぶ時は個人的にただ見るのではなく、光源を持参してでも透過光でも確認して
みる事をお勧めします。
この一族、それで本当にガラっと印象の変わる子が多い気がするので。


BGM:The Who「Sally Simpson」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1461-ca0b55be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。