「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:14:55
今日もさくっと更新しませう。
ま、簡単にですけどね。

古参水晶の内インクもので、昨日からは国産で繋げてこの子です。

苦土電気石入り水晶_山梨1
1ヶ月ほど早いか?

複数画像なので続きへ。

国産水晶では有名品目の1つですね。
山梨県塩山市竹森産の苦土電気石入り水晶、いわゆる「ススキ入り」です。
実サイズは40x10x10mm程のコンパクトなポイント、他に緑泥石っぽい黒緑色の
ものを伴い、針状の苦土電気石が放射状に数箇所入っております。
当地の「ススキ」には苦土電気石の他にも数種の鉱物があるようですし、
この子も分析した訳ではないと思いますが一応ラベル通りという事で。

内部はススキの他にもミスト等が割合濃密に入り込み、何とも味わい深い
風景を作り上げております。
かなり真っ透明なものもあるようですが、個人的にはこっちの方が好みかも。

苦土電気石入り水晶_山梨1アップ
産地的にはチタン系鉱物も多いらしいので、上部の褐色とかその系統かも?

和の原風景の1つとも言える「ススキ」の原の名を持つだけに、やはり
この子は秋の登場が似合います。
尤もようやく夜が涼しげになった程度の今よりは、もう1歩進んだ本格的な
秋の方が似合うとは思いますが、まぁその辺は地域差もあるでしょうし。
今年の関東圏がここまでの秋になるには、今一歩の時が必要ですね。

ただ、やはりこの名は幾ら見てそんな連想がされたとしても。
使うのは国産品だけにしたいなぁ、というのが私のちょっとした拘りですね。


BGM:Tower Of Power「Come Back, Baby」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1451-fe94d77f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。