「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
13:36:54
皆様へろーです、昨日は宣言通り参戦して参りました。
お陰で低い台を覗き込みまくったので、腰が良い感じに痛いです。(苦笑

当日は幸いにも雨は無く。
朝から比較的涼しくて過ごし易かったため、暑がりの私には有難い日和。
…とはいえ、流石にコットンブルゾンは日中から暑かったですけども。orz
でも毎回天候に不安のある印象の赤レンガ秋としては、今回の2日目は
割合良い感じだったんではないでしょうか。
最終日の今日はその分面目躍如している気がしないでもないですが。(汗

今回倉庫間スペースでは、タイフェスなるものが開催されておりました。
おかげで昼過ぎのすきっ腹にナンプラーやパクチーの香りが堪える事。
普段ショーでは昼を食べずに廻り続けるので、途中で水補給に出た時は
かなりキツかったです。(笑
それでも水だけで閉場まで乗り切りましたけどね。

で、ショー本体。
何時ものように方向性的には1階が研磨品中心、2階が鉱物系その他色々と
いった状態ではあったのですが、今回はその仕切りと言うか分化が余り
徹底されている感が無く、何処でもバランス良く各ジャンルのブースが
混在していた感じでしたね。
また2階奥にあった休憩スペースがなくなっており、そこに協賛団体の
日本ワイヤーアートジュエリー協会系ブースが纏まって出ておりました。
原石派としては余り影響の無い部分ですが、イベントとしてはより間口が
広がった感じで、他ショーとの差別化を図ろうとしているであろう主催側の
試行錯誤が感じられる、独自の空気感を持ったショーになってきましたね。
結果的には今まで時期的に被っており、後発として不利の懸念があった
ミネラルザワールドIMAGEとの個性差が出て来たかなーと。
むしろこうなって来ると、MTWはともかく業者が圧倒的に豊富でも何だ
かんだで池袋2ヶ月前という微妙なチャージ期間中にあって唯一入場料が
必要で、コンセプトも正直はっきりしていない感のあるIMAGEは一番
状況的に不利になっちゃったかなぁと思わなくもありません。

私はと言えば11時頃現地に到着、そのまま閉場までぐるぐるしておりました。
とはいっても各原石のあるブースをじっくり見ながらなので、実質的には
それでも会場3周くらいしかしておりませんけど。
隅から隅まできっちり見ていくと、どうしても時間がかかりますから。
こういう歩き方は大規模な新宿や池袋では出来ないので、事実上MFとMTWで
しか使えない方法なのですが、逆に言えばソレが出来るので大規模には無い
メリットを感じる部分でもありますし、欠点とはなりえないでしょう。
まぁある程度購入業者さんが限られてしまうのは、出展ベクトルが各々の
ブースによってある程度決まっているので仕方ない事ではありますね。
今回私はそれで言えば7店舗からのお迎えでした。
これでも前回MTWで新規に良いお店を見付けたので、増えてはいるのですけど。

しかし流石に今回は回数を重ねたからか、出展業者さんもある程度自分の
ブースが会場でどういう色を受け持っているかが実感出来て来たせいか、
割とどのお店も何かしらに特化した傾向が目立つようになりましたね。
お陰で以前と比べ特に原石系のお店が増えてはいないものの、そのお店が
一層原石方面を特化してくれた感があり、昨年より見応えがあった気が。
特に今回、某R店さんの気合の入りっぷりは凄かった。
余りに良い感じだったせいで、今回1店で最多のお迎えを記録しました。(笑

また、久し振りに石友tomokoさんとも再会。
今回も色々近況やら石話やらで暫し盛り上がり、戴き物も。
いやはや、何時も私向けな子達をありがとうございます。

そんな今回の戦利品+戴き物はこんな感じ。
あえてネタバレ防止に携帯のテキトー画像なのはあしからず。

12赤レンガ秋戦利品
下が新聞紙なのも気にせんでください。(苦笑

今回はボーダー的にも非常に適切に纏まりまして、サイズブレイクは無し、
価格ブレイクは正札ならあったのですが、値引きしていただいた結果
そちらも実質ブレイク無しという素晴しい結果に。
尚、戴き物を除くお迎えは全19点、平均価格は¥1300強とかなり良好でした。
この平均も一部が上げておりますが、今回はその分3桁も多いのでかなり
その辺りの補填関係が適切に収まった感じです。

さて、これで次は年末の池袋のみ。
IMAGEは都合と弾数の関係で今年も不参戦ですね。

それでは、業者の・参戦者の・スタッフの皆様。
今回もお疲れ様でした&ありがとうございました!!
またの再会を楽しみにしております。


BGM:Johnny Kidd & The Pirates「Four to the Bar」

スポンサーサイト


コメント
こんばんは(*^_^*)
TONGARIさんも参加されてたんですね!
お疲れ様でした。
レポ、楽しく読ませていただきました♪
またまたたくさんの戦利品、サイズもちょうどよさげで、
いつものことながら上手くお買いものされますよね~。
またアップ楽しみにしています(^^)/

ひいらぎ│URL│2012/09/24(Mon)19:02:42│ 編集
Re: タイトルなし
こんばんわー。
ひいらぎさんいらっしゃったのですか、流石にお顔を知りませんので
気付きようも無かったです。(苦笑
私はデカめバンダナ後ろ長髪色眼鏡で当日黒尽くめ気味の姿でして、
どうも相当目立つみたいなのでお判りになったかもですね。

拙いレポですがお楽しみ戴けて何よりです。
ひいらぎさんは今回いかがでしたか?
こちらは仰る通り、巧くお迎え品が纏まったので中々嬉しいです。
ただ昨年辺りから暫く水晶系を抑えていた反動か、ここ2回のショーは
取り戻すかのように水晶系が増えておりますけども。(苦笑
ただまぁ、無駄に被ったものは無い感じなので良しかなーと。

今度はお会い出来ると良いですねぇ。

TONGARI Take│URL│2012/09/24(Mon)19:20:39│ 編集
訂正~!
すみません、誤解をまねくような書き方を
してしまいましたねっ^^;
tomokoさんのショーレポを読んだあとに
TONGARIさんの方をお邪魔しましたら
こちらもショーレポが載っていたので。
赤レンガは参加されないのかと思っていたので
あ、やっぱり行かれたのか・・・と・・。
ややこしいコメントいれちゃってスミマセン!

私も一度は関東ミネショに行きたいですとも。
もし行くことがありましたら、ぜひTONGARIさんにも
お会いしたいので、その時はよろしくお願いいたします<m(__)m>

ひいらぎ│URL│2012/09/24(Mon)23:34:45│ 編集
Re: タイトルなし
あー、なるほど。(笑
実際に参戦はしていなかったのですね。

赤レンガはむしろこれで3年連続ですねぇ。(除春
実質常にIMAGEと二択になるんですが、何故か赤レンガばかりで。
今年は本当はIMAGEに行こうと思っていたのですが、諸事情により
その辺の時期が無理になってしまったので自動的にこっちへ。
でも、正直文中の通り赤レンガの方が好きになりつつあったりします。

何かこう、よりお客と業者の距離が近い感じと言うか。
アットホーム感があるんですよね、横浜系は。
例外的に池袋は大規模でも何となくそんな感じがあるのですが、
アレは多分異様なまでのカオス感がそんな気にさせているのでしょう。
また6月新宿はその辺は薄いものの、業者的に好きなトコロが複数
来るのでそこらでメリットが。
なので、そんなスケジュールで纏まりつつある感じです。

まぁ、西の方ですからひいらぎさんは関東難しいですよね。
ちょっと今回参戦と思った時は驚きましたが、勘違いで逆に納得。(苦笑
以前ぶらりと来られた時は生憎私がライブでお会い出来ませんでしたが、
もし機会がありましたらこちらこそ是非お願い致します。


TONGARI Take│URL│2012/09/25(Tue)22:17:15│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1442-9f9c83bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。