「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/09/15
20:55:35
やはー。
今日も今日とてごそごそ動き回ってる中の更新です。

古参水晶var紫、本日も昨日の子が詳細産地不明なのでアレとはいえ、
多分同郷であろうと思われるココから出演です。
モノとしては非常に一般的なタイプなのですが、地味にこの産地の典型的
且つ大きな特徴を、珍しく肉眼的に見えるレベルで表に出しているモノ。
尤も、その特徴ってのがあくまで鉱物的な部分なのでそういう方面の趣味と眼を
お持ちでない方には面白く無いかもしれないのがちと懸念ではありますがね。

紫水晶_ブラジル10
色は少々薄目かな?

複数画像なので続きます。


この位近付かないと個性が出ないのだけは難点。
ブラジルはRio Grande Do Sul州産の紫水晶です。
実サイズは40x30x20mm程の割合小柄なもので、薄めの玉髄層を母岩にして
頭だけの結晶が林立する、まぁ所謂ブラジルアメ。
強いて言えば、針鉄鉱インクが殆ど皆無なのはちょっと少数派かも?
遠目でぱっと見る分には、ホントに何の変哲もありません。

ですが水晶をある程度以上ご存知の方にとっては、メイン画像の時点で
妙な違和感のある感じを受けると思います。
何でかは非常に単純な話で、このクラスター状には極普通の水晶錐面の
形をしているものが1つもいないから。
一応真中に最もおかしな状態になっている子を持って来たので、それほど
ご存知無い方でも言われれば「あれ?」となるかと思いますが、実際に
本クラスター上の結晶はどれもこれも割れや研磨も無いのに何処か普通の
水晶からすると歪で、たとえ一見マトモでも結晶成長面を見るとやっぱり
普通の成長条線や成長丘とはまるで違うものばかりしか見られない子なのです。

紫水晶_ブラジル10アップ1
一見普通の結晶ながら、着物の袷のよーな妙な成長丘の一例。

で、これは一体何か…ってトコですが。
観察するとほぼ全てのそういった歪み的なものが1本の結晶摂理上で起こって
いるように見える部分もございますし、また当地の本タイプの紫は何処でか
失念してしまいましたが殆どがソレだと伺った事もある事も併せ。

…多分これ、ブラジル式双晶の構造露出じゃないでしょうか?
元々この双晶はドフィーネ式双晶と共に見た目には1本(完全なら両錐)の
結晶中で内部構造のみが螺旋状の珪酸結晶鎖が2本存在するものであり、
表面からは通常エキストラファセット(x面)があればその位置で判別するか、
なければ輪切りにした際の色味等の分布、或いは光学的検査によってしか
確認出来ないものです。
と言ってもその辺ある程度ご理解でないとピンと来ないでしょうから、
そういう方はDNA模式図をご想像戴き、その螺旋の絡み方が並行的となるか
相対的になるかで分かれると思って戴ければ判り易いですかね?

んで、多分この子はその完成度が不完全だったのでしょう。
その為1つに纏まるはずだった二重螺旋の錐面が2つで残ってしまったり、
双方が組み合わさってしまったような成長跡を残しているのではないかと。
正直、単に偶然適当に結晶同士が干渉・貫入等によって形を崩したにしては
どうにも法則性が高過ぎて不自然ですしね。
内部のファントムまでおかしな状態になっている部分もありますが、
実はそういった部分でも1本の中で2つ同じ方向を向いていたりするので、
素人判断ながら決して無根拠とまでは行かないと思うのですが、どーでしょ?

この子は私には珍しい、純粋な鉱物的興味でお迎えした子です。
無論見てある程度の盆栽度は持っておりますが、普段ほどには重視して
おらず、はっきり言ってそっちの意味では妥協しています。

でも、大事な子です。
だって所詮、私石ヲタだもの。(´ω`)

こういう普段眼に触れないものが見えるかもしれないというのは、
この手の自然科学系アイテム好き且つ調べ癖のある人間(含私)には
本当に堪りませんよね。


BGM:Tai Phong「Games」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1435-45956fe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。