「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/08/16
19:25:59
どもー。
本日の石日記です。

今回からは初登場鉱の流れを一旦停止、再度また古参品にシフトします。
…いやまぁ、正直前回から繋がる子がどうも見当たらなかったのが本音。
ともあれ、前回からは中宇利石の銅で繋げ大好物産地からこの子です。

赤銅鉱&自然銅_モロッコ1
入手は確か2年目。

複数画像なので続きます。

ラベルから見事に緑と白の部分がオミットされている。(苦笑
モロッコはDumjrane産の赤銅鉱&自然銅です。
…と、なっておりますが恐らくDumjraneは「O」umjraneの誤字でしょう。
まぁ、判らなくもないミスプリですね。(´ω`)
それを前提とすると、正確な産地は以下、
「Oumjrane Mine, Alnif, Tarhbalt, Er Rachidia Prov., Meknès-Tafilalet
Reg., Morocco」
となるかと思います。
ま、一応記載はラベル通りにしているので承知の上という事で念為。

実サイズは25x15x10mm程のサムネイル級、全体に少々ぼってりとした形状の
樹形自然銅を主幹にし、全体を微細な濃赤色八面体結晶の赤銅鉱群、そして
記載の無い緑色・白色両不明鉱が覆ったものです。
自然銅としては露出面が殆ど無いので実質仮晶とした方が齟齬が無く思える
ような状態ですが芯部は残っているでしょうし、赤銅鉱としては微細な群れで
あれど中々端正な結晶群なので何れも正しいっちゃ正しい記載ですね。
というか、ここらの自然銅は光沢があるようなものが殆ど無い気がしますし、
少々仮晶の判断基準に疑問も生じますが、多分に慣習的なものがあるのでしょう。

赤銅鉱群は見難いのでアップ。

赤銅鉱&自然銅_モロッコ1赤銅鉱
蛍光灯でコレなら透明度もそこそこ高めでしょうね。

尚、不明鉱2種ですが。
あくまで上記リンク先の産地データに照らし合わせれば孔雀石と重晶石ですかね。
産状的には緑の方は多分問題無いと思いますが、白の方はちょっと不安。
見た目にはどちらかというと石膏っぽく、且つ石膏があっても不思議ではないの
ですが、いかんせん決め手になるような部分が見付かっておらずちょっと不確定。
うーん、この位は見極めたいと言うのは贅沢な悩みでしょうか。

赤銅鉱&自然銅_モロッコ1アップ1
緑は色味からしてそれっぽい。

この子に付いては見たまんまと言えばそうですが、苔生した樹木っぽい。
それも樹皮が濡れて艶が出て、お住まいの苔が元気になる夏場のソレっぽい。
石の印象が入手前と後、或いは入手直後と暫く経った後とで変わるという事は
それなりによくありますが、この子は当初から全然変わってません。
そういう意味では、意外に貴重な子なのかも。

暑い日に古木の陰で感じる風。
その心地よさは、都下に来て初めて貴重と知った事をふと思い出しました。


BGM:なし


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1407-c5b207a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。