「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
14:16:08
さて本日の石日記。
1発目は久し振りにペトロフ氏モノでいきましょうか。

ちゃんとこれも今の流れに沿って、初登場の鉱物種ですよっと。

ペ3870B_十字沸石
このサイズで高輝度無色透明双晶とかイジメっすか。(笑

十字沸石(Phillipsite)
※「十字沸石」は一連の固溶体系列名で鉱物名では無い
晶洞内の十字型結晶及び周囲の無色透明結晶、全て双晶している
(K,Na,Ca0.5,Ba0.5)4-7[Al4-7Si12-9O32]・12H2O 珪酸塩鉱物 単斜晶系
モース硬度4~5 沸石グループ内の系列総称 無闇に双晶しまくる

沸石一族の当ブログ新顔、十字沸石
その名の通り単斜晶系の結晶が双晶し十字型になりやすい
一見単結晶でも、条線を追うと双晶している場合が頻繁にある
先述の通り鉱物名ではなくグループ内の系列名だが、野外名として一般的
厳密な鉱物種としてはCa:K:Na比で三種に分けられるが、肉眼判定は無理
Phillipsite-(最多元素)と書くものが正確な記載
その他にBaを含む重土十字沸石(Harmotome)があり、これも数種に分かれる
国内でも産出し、小型ながら割合各所で採集出来る模様、Ca多め
海外ではK・Naの原産国であるイタリアが中々に大勢力
Ca種は米ハワイ州という、鉱物にはかなり珍しい原産地だったりする
調べるとどんどん新情報が出て来る感があり、沸石の泥沼感を味わうに最適

うーん、ウチにある十字沸石系列は今のところ全てルーペ級で、
さすがに特徴とかその辺が掴み辛いんですよね。
1個くらい肉眼的な結晶に手を出してもいいかもしれない…。(汗
そもそも微細なものしか産出しないなら諦めも付きますが。


BGM:Jaco Pastorius「Kuru/Speak Like A Child」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1397-c373a771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。