「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:56:38
さて本日は3発目まで行けました石日記。

今回は、古参の内前回からは産地及び黒色の細長いもの繋がりで。
これは実は普通に入手したものではなく、ちょっとアクシデントで
「増えてしまった」ものなのですが、結果として私にとっては
ありがたい方向へ進んだという例だったりします。

そんな変わったエピソードを持つのはコレ。

車骨鉱_ペルー2
青っぽく見えるのは本鉱によくある錆色。

こうしてみると、出自の割に何気に良いなぁコレ…。
ペルーはLa Libertad産の車骨鉱です。
実サイズは小さいもので、大体高さで10mm程のマイクロ級。
多少風化が強く破面や当たり傷があったりもするものの、総じてきっちり
双晶具合の差で断面の異なる柱状になった本鉱が林立するものです。
光沢も失い過ぎるほどには失っていないですし、全体のバランスが良い事も
手伝って、思いの外貫禄のある姿に纏まった一品。
以前登場の同国同鉱とは、また違った立派さをお持ちの子です。

…と、普段出自を気にしない私にしては少々変な言い方なのは訳がありまして。
実はこれ、既に出て来ている子の「一部」だったんです。
その子とは、かなーり初期に登場した大型の水晶&金属鉱クラスターのコイツ。
この壮観な一品から、かの311地震時に零れ落ちてしまったのがこの子なのです。
なので普段のように「見てお迎えした」モノではなかった為、思いの外な良い
風景になっていたなぁ…と実感した次第。
標本の破損というアクシデントを経ながら、それでも元のクラスターにはこれ
以外問題は無く、そして零れ落ちた側も立派な一品となったという、数少ない
あの震災が良い方向に動いた一例と言えるかもしれません。

ま、勿論破損自体が無いのが一番ですが…日本では難しいですよね。

悪い事、特に不可抗力的な事の発生はどうにもなりません。
ですが、そこから「良いところ」を探すことは出来ます。
場合によってはそれが不謹慎等と言われたりも致しますが、それでもやはり
そういう頭の使い方とポジティブシンキングは、逆境にこそ必要なもの。
正に「国敗れて山河有り」の体現と言える子です。

自分を決めるのは自分。
不運な出来事の中で物事を良い方向へ捉えられる、或いは進められそうな
部分を探すというのは、思った以上に生きる上で重要な事だと思います。
特に自分がその当事者になった事がある場合は、強く実感しますね。

そう、生きている限り希望は例え僅かでも必ず何処かにあるのです。


BGM:The Carpenters「For All We Know」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1392-6c50ceeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。