「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2009/08/08
13:53:44
さて、本日は昨日からの流れでインカローズ…

…とも思いましたが、ちょっと見返してみましたらここ最近赤系の
石がずらーっと続いてしまっていたようで。
趣味上赤系の石は多いので自然ではありますが、ここは一つ
変化を付けて、違う色味の、かつ初登場鉱物で参りましょうか。

以前書いた菫青石にも負けぬ、夏に相応しい深い蒼を有するこちら。

サファイア_ミャンマー1
ミャンマーはかの有名なモゴック産コランダムの内青色。
すなわちサファイアでございます。

実サイズは1辺1cmあるかないか。
極小ながら、大理石と鉄電気石(多分)をベースに、薄い層とは思えぬ
濃厚な蒼を湛えた美しい一品です。
「宝石質」に拘らなければ結構安く買えるもんなんです、この辺の石。

コランダムは和名を「鋼玉」。
モース硬度9の指標鉱物にして、クロム発色赤の「ルビー」も含む
宝飾・資源共に重要な鉱物の1つです。古くから美しいものは装飾品他に、
砂礫・塊状のものは研磨剤として、世界中で利用されて参りました。
模型や工作をやられる方にはお馴染み紙やすりの「エメリー」も、
磁鉄鉱等の不純物を含んだ塊状のコランダムです。
もっとも、最近は光学機器需要のついでに人工品が殆どらしいですが。
また、成分的には酸化アルミニウム(Al2O3)なので、これまた研磨剤の
「酸化アルミナ」は実質同じモノです。(結晶形で2種あるらしいですが

エメリーペーパー、「水&油研ぎ」さえ出来れば優秀なんですがねぇ。
あと、実質同じ鉱物の和名に同発音の「鋼玉」「紅玉(ルビー)」ってのは
紛らわしいのでやめません?書かないと区別出来ないです。
更に言うならサファイアに「蒼玉」もちょっと…。

何故かといえば、「サファイア」は蒼い鋼玉を指す…
…というのは実は間違いでして。
実際には「コランダム中『ルビー以外の結晶』全て」を指すのです。
なので、黄色も無色もあります。バイカラーもあります。
中でもピンクサファイア(紅蒼玉…?)なんて、もう和名が変な事に
なってしまうんですよ。(苦笑

なので私は個人的に基本「コランダム」で、クロム赤を「ルビー」、
鉄orチタン(らしい)で青いものを「サファイア」、他は全て纏めて
「色名+コランダム」で呼んでいます。
この方が混乱無いですしね。

で、サファイアといえば「バレル(樽)」という主にスリランカで産する
両端が細くなっているものが有名ですが、あれはスリランカや
マダガスカルに多い「漂砂鉱床」…すなわち川流れ独特の磨耗した
後の形状でして、他の鉱床で出る際はきちんとこのような結晶形が
見えるものになっています。ただ、宝飾用としては「脆弱・不純な部分を
削られた」漂砂鉱床のモノの方が扱いに有利でしょうから、そちらが
一般的には有名になってしまったのでしょうね。

※2010/05/13追記
過去の私の無知にゼツボウした!!
バレル型はコランダムの普通にある結晶形です、ハイ。 orz
ただ、漂砂産が多いのは本当。
その場合は多くの場合稜線等が削れているので、割と判り易いです。
稀に無事なのもいますけどネ。


この石はおちびですし光を当てないと全体が黒ずんで見えるちょっと
地味な感じの子ですが、日光程度の光を当てればこの通り。
奥から深い深い蒼が浮き上がってまいります。
この色はやっぱり海の色、ただし菫青石とは違い、明らかに「水中」の
色…それもかなり高深度の海水の色です。

深い海で蒼を見る為には、しっかりと晴れていてかつ水が濁っていない
事が大前提となります。ちょっとでも濁ると、水深15mほどでも暗くなって
しまいますので。(実体験

この週末の海が、かような清冽な海でありますように。
週末恒例となりつつある(?)晴天祈願でございました。

BGM:Mike Oldfield「Man In The Rain」
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/138-7a9f45c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。