「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/07/26
22:34:38
とりあえず出来る事はやったぞっと。
後は自分の頑張りと運と、これから詰める詳細だけかな。

今日はその辺で色々疲れたので、また古参のシンプルな子で。
きっちり書くのは明日からにしませう。

水晶_マダガスカル2
何の変哲も無いのが逆に新鮮。

やっぱ古参中心だと水晶系多いですね。
詳細産地は不明ですがマダガスカル産の水晶です。
実サイズは50x35x40mm程、いわゆる「ペグマタイトそのまま」な風体で
割り出して来たような状態のもので、長石と水晶表面にも含まれる若干の
粘土状物以外は何も付いておらず結晶スタイルも至極普通の、どちらかと
いうと普段何処かしら凝ったもののイメージの強い当地産としては文字通り
「何の変哲も無いのが特徴」とも言える子です。
強いて言えば表面1層のみに薄く干渉した粘土様物の存在が独特な気配を
出しているとも言えますが、この手のものは他産地でも何ら珍しくないので
充分スタンダードの範疇として良いでしょう。

「求めよ、さらば与えられん。尋ねよ、さらば見出さん。門を叩け、さらば開かれん」
…てな新約聖書「マタイ伝」じゃないですが、何か困る事があっても案外と
冷静に受け入れてしまえば状況改善策なんてのはその内出て来るもんですしね。

人間、思いの外そこさえしっかりしていれば逆境に対してタフなもんです。
これは自身の経験則でもありますし。


BGM:Beck, Bogert & Appice「Lose Myself With You」


スポンサーサイト


次の記事:無題2。
このページのトップへ
前の記事:冷却。
コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1376-72addc38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。