「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/06/22
13:16:34
さてさて、おこんぬつわ。(*´ω`)ノ
本日の石日記、都合により早めのうpです。

出来たら2本やりたいですが、無理かな?

引き続き「'12新宿戦利品」特集です。
昨日記事で「ここでこれかぁ」という子が出た訳ですけども、実はその点でもっと
判り易く極端と言える子が1個いるので、今回はそれをご紹介致しましょう。
ってか個人的にはあるテーマの関係から非常に嬉しい子でして。

そんな子を、昨日からは再度色で繋いで。

鉄マンガン重石_ブラジル1
ブラジル金属鉱に新顔来宅。ヽ(´∀`*)ノ

毎度の複数画像ですんで折り畳みへどぞ。


いやー、比較的「難易度高め」な子が来た感じがする。
ブラジルはミナスジェライス州、Coronel Fabriciano産の鉄マンガン重石です。
実サイズ約20x25x4mm程のサムネイル級、ご覧の通り単純に本鉱としても中々
良い感じの板状結晶で、高さより横幅があってサイズの割に厚味もしっかりして
いるため、小さいながら非常にどっしりとした構えの標本になっています。
また、裏面の一部と結晶下部には流石に剥離跡がありますが上部は概ね無事で
条線が非常にはっきりし、角も若干ダメージがあるものの結晶スタイルはきっちり
キープしておりますから、普通に標本として充分に魅力的な子だと思います。
また、勿論新鮮な真っ黒のものも捨てがたいですけども、こういう適度に風化して
干渉色で青く見えているのもいいですよね。

…ってか本当に嬉しい子ですわ。
何せブラジル産金属鉱&見かけない鉱は、個人的に系統で集めている部分も
ございますからね。
それに普通に考えると硫化や酸化に比べたらタングステン酸塩はずっと探索難易度が
高い方だと思うのですが、まさかこんなに早く来る事になるとはなぁ。
世の中判りませんねぇ。

あ、そうそう。
基本的に私は画像に石名を入れる際、鉱物名以外の名に関しては「"」で囲います。
通称とか宝石名とか、亜種名とかその辺ですね。
で、その中には普段「中間種名」も含んでいる訳ですけども。

この鉄マンガン重石という名も、本来は中間種名。
マンガン重石鉄重石の中間的な、或いは端成分ではありえないであろうが成分比が
不明というものに付けられるものですからね。
事情としてはバナジン鉛鉱~ミメット鉱に対するエンドリカイトの存在と同じ。
でも実際のところこの系統は両者の成分比がかなり揺れ易い上に純粋にどちらかという
端成分のものが普通、且つ肉眼判別が出来ない為、ほぼ実質鉱物名と同列な扱いで
普通に使用されており、逆に無いと不便な名になってしまっています。
なのでまぁ、慣習に併せました。

…正直なトコ、ブラジル産本鉱のデータが少な過ぎるというのも本音。(苦笑

ご覧の通り、その整ったスタイルに美しい条線で出来上がっている風景、そして
産地的な喜ばしさで入手致しました。
楽器を触り慣れた身としては、何処と無くプリント基板回路にも見えたりします。
何気にブラジル産でタングステン絡みの鉱物は、微量成分的な部分を除けば初。
感覚的には紅鉛鉱以来の快挙と言えるかもしれません。

そして、この子のもう1つの魅力がコレ。
くるんと裏返すとですね。

鉄マンガン重石_ブラジル1アップ2
おおう…。

見事な青~紫色。
これも勿論風化面の干渉色でしょうが、見事な発色です。
表が割合本来的な姿を残していた分、こっちで全力を出したんでしょうか。
何とも両者で巧い事バランスが取れた感じですね。
ちなみに下部のもさもさは接着剤、きれいに剥がすのが難しいのです。(汗

嬉しいオマケも付いて、大満足の子なのでした。

※オマケ
久々に結晶面フェチ(含私)に捧ぐ。

鉄マンガン重石_ブラジル1アップ1
表は余り印象変わらない?

鉄マンガン重石_ブラジル1アップ3
裏は結晶段差がはっきり出て、一層美しいですかね。


BGM:松井常松「MIND FIELD」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1338-8191ad7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。