「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/06/16
21:06:41
さて本日2発目の石日記です。

今回は1発目での予告通り、'12横浜の準MVP。
正直ここは2つの内どちらをMVPとするか、かなーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(中略)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーり、
迷いましたが、全く差が付けられないならどうせ脳内バトルだから好物鉱物補正の分で
もう1方に軍配を挙げ、こちらは準に落ち着いてもらった…という子です。
なのでこれも、色んな要素的には正直殆ど差らしい差は無く、単に私の趣味の問題。
更にここでも前回記事の通り、決勝を争った2つは同じ店の出身というドラマ。

とはいえ、今日の子はある意味昨日の杉石結晶以上に「まさか横浜で」の子。
とゆーか初お迎えがコレってどうなのよって自問自答し兼ねないモノでして。
うーむ、2号以降からの基準が変に高望みになりそうで怖い。(((((゚Д゚;)))))

そんな若干、今後の我が身に危機も覚えちゃいそうな子がこちら。

ジェレメジェフ石_ナミビア1
(;) Д 。    °   ←現地で発見時のワタクシ

複数画像なので続きへ続きます。(錯乱中

ぼ……母岩付……だと……?(゚Д゚;)

という訳での'12横浜ショー準MVP獲得品。
ナミビアはエロンゴ、Ameib Farm 60産のジェレメジェフ石(母岩付)です。
実サイズは非常に小さく、せいぜい7x6x4mm位といったトコロで良く言ってマイクロ級。
全体に角閃岩のようなやや青っぽく微細な針状結晶の集合体の母岩(mindatのLoc情報では
産出鉱物種から推定してベリリウムを含む燐-リチウム系ペグマタイトとその二次鉱床が
主体と思われるので、恐らくは何らかの電気石一族ではないかと推測)に、無色尖塔上と
青~帯紫青色の結晶を始め、各所に微細な独立・半埋没晶の見られるものです。
脇の青系結晶には強い蝕像のような気配が見られますが、これは柱面に全くそういった
痕跡が無く、錐面部分の豪快な段差も繊維状鉱物の干渉跡と思われる気配が濃厚なので、
融蝕を受けた結晶である可能性は低いと思います。
何時も大変参考にさせて戴いている「空想の宝石・結晶博物館」様ご記載の採掘情報と
照らし合わせてみましたが、恐らくはまず間違い無く2001年初頭以降の採掘品でしょう。

ぶっちゃけますが、私これを見た瞬間「横浜を侮っていた」と思いました。(苦笑
喩えるなら、以前のペツォッタ石を発見した時の衝撃に近かったです。

ともかく昨今安価に出回っている分離結晶と比べても小さいとはいえ、根本的に母岩付が
少ないジェレメジェフ石の母岩付標本である事、そして母岩と各結晶のバランスが理想的で
ある事、しっかり観察すれば見た目以上にリッチな標本である事、そして本鉱で何より
重要とも言えるのが、これがサイズは勿論、価格的にもボーダーを正札でもシングル
ブレイクの範疇である事という大変な好条件に恵まれた標本であると言え、基本的に金欠
コレクターであるワタクシにとってはこれ以上無いモノとしてサーモンハントしたのも詮無き事。
しかもこの標本に付いている結晶が、全て母岩干渉部はあってもノーダメともなれば尚更。
マイクロ級の標本に支払う額としては個々のご判断が分かれる処ではあると思いますが、
私はサイズにお金を掛けるのであれば風景や存在そのものに掛ける方ですので。

初登場となりますので、これも少し解説しておきましょう。
まずジェレメジェフ石、という和名と言うか日本での呼称ですが、これは多分に異なる
言い方がございまして、「エレミア石」等シンプルなものから「イェレメイェフ石」のような
フォスフォフィライト並に噛舌な言い方まで多種ございます。
この現象の原因ははっきりしておりまして、スペリングの内「J」のせいです。
各国でやたらと発音が異なる、場合によっては存在すらしない文字なので、その呼称が
言わば当て字の和名的呼称に於いて混乱するのは当然。
ってーかそもそも原産地(ロシア、つまりキリル文字)にはフランス語等に多く見られる
「発音しない『H』」どころではなく「J」に当る文字自体が無かったはずなので、何故英名に
J入れたかが更に謎ですが、その辺はオトナの事情的な何かがあったのでしょう。

クドい解説の合間に青い結晶のアップ挿入。

ジェレメジェフ石_ナミビア1アップ1
左は普通に青、右側が僅かに紫がかっています。

組成的には何気に普段お迎えし辛いハズの硼酸塩鉱物になり、その成分は
Al8(BO3)(F,OH)3となります。
先程の参考サイト様の記載で気付きましたが、確かにトパーズの硼酸塩版ぽいですね。
産状が似つつ電気石(=硼素を含む珪酸塩)と仲良しなのはそういう理由でしょうか。
比較的高い硬度7、基本無色ではあれど青や黄色を示し、大きくなり辛くとも透明感のある
端正な柱状結晶を取る事が多く、しかも超希産となれば世のマニアが騒ぐのも良く判ります。
実際、当の2001年初頭産出があるまでは凄かったらしいですからね、本鉱の価格。
尤も、私には今でもある意味充分過ぎますけども。(苦笑

で。
リッチな標本という根拠ですが、正直メイン画像の2箇所でも普通充分だと思います。
思いますけど、この子には他に良い感じの部分が複数ございまして。

ジェレメジェフ石_ナミビア1アップ2
良く見ると、輝石っぽく青の濃い半埋没晶があったり。

ジェレメジェフ石_ナミビア1アップ3
無色系とはいえノーダメ自形が他にもあったり。

ジェレメジェフ石_ナミビア1アップ4
果ては中:黄&外:青の美麗なバイカラーファントムがあったり。

…と、そのサイズにそぐわないと言っても良いであろう豪勢さ。
個々は微細ですが、そもそも本体が微細な事を承知の上で入手したので無問題。
未だに自分でも、これが研磨品中心のお店の「ついで仕入れ」の産物とは思えません。
いやまぁ、確かに毎回面白い子が埋まっていてお迎え率の高いトコロではあるのですが、
それにしたってまさかこんな子まで転がっているとは意外過ぎました。( ̄▽ ̄;

余りこういう事は言いたく無いですけど、現実問題鉱物コレクションに関して金銭は力です。
お金を出せば、質も風景も、そしてサイズも素晴しい標本はどんな希産鉱であれ必ず
何処かしらで見付かると言っていいでしょう。
国内だけでは難しいかもしれないですが、世界の鉱物市場は日本人の想像を超えています。

だからこそ、手の届く範囲でこういう子が見付かったというのは重要。
堀博士が著書でやはり文字通り「高値の華」であるスペリー鉱(プラチナの硫化鉱物)の項で
エコノミーの真髄に付いて、またその巻頭でサムネイル標本の奨めに付いて記述されて
おりますが、博士の「エコノミー」の基準がそもそもアレな事は置いておくとしても、私なりに
その真意に沿った系統の子であると言えるでしょう。

大事なのは価格でもサイズでもない。
自分の手の届く範囲で、いかに最良の「盆栽」を掴めるか。

そんな私の基本スタンスを非常に判り易い形で表してくれる子が、また1つ増えました。


BGM:The Who「Pinball Wizard」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1329-0ed24a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。