「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/06/08
00:36:33
本日(日は変わっちゃったけど)2発目もいっちゃうぞーという事で石日記。
「合同戦利品」特集、1発目に続き'11池袋からです。

今日の1発目は当たり前且つ意外な姿という事で、ほぼ常時双晶する十字石の
単結晶を登場させた訳ですが、もう1つこういうタイプの代表例がありますよね。
それは「ほぼ常時塊状で産出する」もの、つまり自形結晶を滅多に取らないもの。
例えばトルコ石とか、似た感じでバリッシャー石とかその辺。
これらは一応自形結晶がありつつ、しかし普段は塊状のものしかまず見掛けない、
或いは自形の存在の認知度が塊状と比較して極めて低いタイプになります。

で、何故この2つを例に挙げたかと言うとですね。
以前既に自形結晶についてはバリッシャー石は確定品を、トルコ石は不確定では
あれど、極めて可能性としては希望が持てそうな感じの子を出していましたよね。

となると、次はコレが連想されるんじゃないかなーと思いまして。
そんな訳で、普段は塊状の子の自形結晶を入手致しましたので登場。

ハウ石_カナダ1
画像だけ見て=で繋がる人は、きっとそれなりにツワモノ。

トルコ、バリッシャーと来たら連想せずにはいられまい。
て事で、カナダはノヴァ・スコシア Iona産のハウ石(自形結晶Ver.)です。
そう、上記二者を始め磨きモノ等で便利なイミテーション材料使いされていて
中々その真価を評価してもらえないあの「ハウライト」の真の姿です。
実サイズは35x15x20mm程、板状に採られた恐らくは蒸発岩系と思われる母岩上
(これは硬石膏だという情報がmindatギャラリーにあります)に、片もしくは両錐の
板状結晶となった本鉱が放射状に集合したものです。
ちなみに結晶群だけだと大体15mm径程、当地では平均的なサイズ且つ典型的な
産状で、他に結晶群が乱雑に叩き込まれたように母岩のピットに埋まった感じの
姿のものがあるみたいですけど、タイプとしてはこちらの方が多いみたいです。

…ってか、数mmを越える自形のハウ石自体がここでしか見られない様子。
他はカリフォルニアの極一部で微細なものが出る程度らしいので、事実上ハウ石の
自形結晶の基本スタイルという事になるでしょうね。

実はこれも事情がバリッシャー石の結晶の時と似ておりまして。
何気に以前から存在は知っていて、更に全く見掛けない訳ではない標本だったの
ですけども、何故だか母岩がやたら大きいものしか見当たらずお迎え不可。
よーやく'11池袋の某カナダ系店舗様で、許容サイズのものを見付けた、と。
まぁこの子に関しては母岩がいかにも脆そうなので、バリッシャー石の時と
比べると、まだサイズ大きめになる事に納得は行くんですけどね。
でも納得しても、収納サイズは増えてくれませんので。(苦笑

決して派手ではないですが、光輝が特に強い訳でもないのに何故か沈み込まない
フシギな明るさと、独特のひなびたような雰囲気を持っていて味わい深い感じ。
集まり方自体はそれなりに普通だったら派手に見えるタイプだと思うんですが、
何でしょうかこのやたらと拭い切れない1歩退いた感は。
良く言えば控え目、悪く言えばやっぱり地味。
何だか塊状の方の扱いと、ヤケに印象が被る気がしてなりません。( ̄▽ ̄;

ただ、そのひなびた派手さの無い感じこそが、この良い風景の素でもあり。
所謂「通好み」なのかもしれませんけど、何かいいなぁ…と無視出来ない子ですね。
そういう意味では存在感自体は強いのかもしれません。
結晶とは最も本質と近い姿…のはずですから、ある意味それで正しいのかも。

ちなみに何でタイトルがイコールになり切れていないかというとですね。
前の塊状ハウ石、まだ菱苦土石である事が否定し切れないからなんですね。(苦笑

いやはや、本質を見抜くってムズカシイ。


BGM:なし

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1313-0c39d76f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。