「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/06/04
17:12:20
さーて、勿論今日は「合同戦利品」特集分もやりますよって事で、
2発目の石日記です。

そして引き続き、火曜までは現在開催中の新宿ショーにも出展なさっている
業者さん出身品の縛りで参ります。
今回は某有名店の系列…という訳でも無さそうですが、関連した比較的新しい
国内店舗様の出身品で参ります。
ここはその関連元が関連元だけに信頼性も高く、しかし目線が何処と無く完全な
鉱物屋というより私と通じる風景派的な部分も感じるので、Webで発見した時から
非常に良い感じだなーと思ってたお店なんですよね。

そんな今後に期待のお店より、'12横浜のお迎え品です。

方解石_ミズーリ1
やっとこ入手です。

複数画像なので折り畳みへ行きますヨー。

という訳で、そんなお店の雰囲気の象徴みたいにも思える子です。
米ミズーリ州は久し振りの銘山スウィートウォーター鉱山より、名物方解石です。
実サイズは45x20x40mm程、当鉱山ではお約束となる金属質母岩上にびっしりと
苦灰石の結晶が密集し、そこにどかっとレモンイエローの両錐方解石が1つ鎮座。
母岩接触部を中心に若干クラックが広がってはおりますが、非常に模範的と言って
いいであろう結晶スタイルと全体の風景を、巧くコンパクトに纏めた子だと思います。
当鉱山の方解石はテネシー州エルムウッド鉱山と並ぶ名物なのですが、中々「これ」という
ものが見付かりませんで、今回ようやくお迎え出来た事になります。
良かった良かった。(*´ω`*)

ちなみにもう1つの名物、方鉛鉱は以前登場しておりますね。
アレには方解石は全く付いてなかったので、本当の意味での1つ目です。

サイトで拝見した時はどうも冴えない感じの写りだったのですが、これは見るからに
「変にキレイに写ってしまわないように」気を使った結果と思えたので、ショー前に
確保して横浜で受け取らせて戴きました。
なので純粋な戦利品とは言えないかもしれませんが、思った通りそういう意味も
込みで誠実なお店でしたから、このお迎えは大成功だったと言えるでしょうね。
しかもかなりの安価でしたから、尚更ナイスです。

方解石はヒキで撮るといまいち質が判り難いので、錐部アップ。

方解石_ミズーリ1アップ2
ダメージも殆ど無く、良い感じですね。

また、当標本にはこれまた半ばお約束的に方鉛鉱と黄銅鉱も一緒しています。
黄銅鉱は小さなものが点在する状態で、方鉛鉱はやや風化が進んだものが
数箇所にととっと乗ったような状態。
煌びやかな方解石を引き立てているのは、実はこの渋い脇役達でもありますね。

方解石_ミズーリ1アップ1
苦灰石間に点在する金色が黄銅鉱、色味的に黄鉄鉱もいますかね。

方解石_ミズーリ1アップ4
一番大きい方鉛鉱、風化していますがまだ鋼黒色は保っています。

方解石_ミズーリ1アップ3
方鉛鉱はほぼ全て双晶してるみたいですね。

こういう「華美&渋味」というのは、風景として纏まり易いタッグですが、同時にバランスが
難しくどちらかに偏り過ぎたりするとこういう味の出ない、案外難しいものだと思っています。
ある一定ラインまではそれなりにどれも行くのですが、ここまで纏まるのは中々。
しかしこの子はその辺の力加減が絶妙で、どちらもきちんと存在感を保ちつつ巧いこと
引き立てあっているように思うのですが、どうですかね。
少なくとも私は非常に気に入っておりますよ、ええ。

私にとって石は「名義」が全てではありません。
ラベルに記載されなかったり、あっても無視されてしまうような部分もきちんと見た上で
「良い」と思ったものこそが、本当に良い盆栽だと思うのです。
例えそれが、分離品の単結晶脇にちょこっとだけ付いた粘土でも同じ。

私の「質に拘らない」というのは、そういう意味でもあるんですよね。


BGM:ZZ Top「Lovething」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1308-cf48930a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。