「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
11:12:16
特集続けてたせいですっぽり頭から抜けてました。(汗
でも早い内に気付いたので、良かったです。

おはようございます。
本日1発目の石日記は「合同戦利品」特集を一旦お休みして、失念していた
月頭の忘れなければ恒例っぽい子を出しましょう。

6月産まれの皆様、ハッピーバース…バース…マ、マンス?(´Д`;

月長石_インド1
シラーが出てないように見えちゃいますけど。

と、そんな訳で特集外の1発目は今月の誕生石。
インドはタミール・ナードゥ産のムーンストーンさんです。
実サイズは10x5x3mm程のマイクロ級、ご覧の通り劈開片です。
これは元々カット用の劈開ラフである事がお店の情報で判っているモノで、
確かに透明度が高くクラックもそれほど多くは無く、そしてシラーが強烈。
決して最高品質ではないですが、かなり「らしい」美しさを持った子です。
尚、記載が無い為長石種は同定出来ておりませんが、インド産のこの系統は
大体亜灰長石~曹灰長石系らしいので、多分この子もその辺でしょう。

ま、「ムーンストーン」は鉱物名では無いですからね。
以前登場したメキシコ産もムーンストーンではあれど別種のサニディンでしたし。
他にミャンマー産でアノーソクレース版もありましたか。

ちなみにこの石は殆ど無色。
画像だと全体がぼんやり青味を帯びて見えますが、実はこの青色は全て
シラーによって出ているもので、ホワイトバランス等は無関係です。
というのもシラーを出そうと思うと向かって正面に余りに簡単、且つ強烈に
蒼白く出てしまうので、マトモに写そうとするとただの四角いハレーションに
しか写らず、何度か試して断念したんです。
つまりこの画像はシラーが出ないはずのアングルで写しているんですけど、
それでも「別方向から見れば出ている」状態ではある訳で、この青白味は
その「残り香」として写っているのです。
カボションのように一部のみならともかく、こうも一面きっちり埋め尽くして
くれてしまうと逆に撮影には超難物。
しかし、同時にどれだけシラーが強烈に出るかをお判り戴けるエピソードかと。

私は結構、ムーンストーンは好きな石です。
…まぁ原石ばかりな私には、中々良いものに出会えない子でもあるんですが。(苦笑
6月っぽいと言いますか、乾いてても濡れたような印象があるんですよね。
梅雨のじめじめ感とはちょっと違うなぁとは思うものの、雨の印象が強い
6月にはそれなりに似合ってるんでしょうね、きっと。
そして某氏のお言葉を借りるなら濡れたような気配の石は日本人好みな
傾向が高いらしいですから、私も日本人って事でしょう。

夏に向かって否応無しに蒸し暑くなってくる季節ですが、皆様が色々すっきり
お過ごし出来る事をお祈りしております。

※拍手反応:Rさん
ありがとうございます、大戦果でしたねぇ。
頑張って早めにアップ出来る様にしたいです。( ̄▽ ̄;


BGM:Eric Clapton「After Midnight」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1307-4a7acf07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。