「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:30:27
皆さんおはようございます。
昨日は予告通り、終日新宿ショーに参戦しておりました。

相変らず少々遅めですが、ざっくりとレポりたいと思います。
長文になりますので、読みたい方は折り畳みへゴー。

予定より1時間ほど寝過ごした(Tomokoさんごめんなさい;)ものの、11時頃には
会場入り、そのままがーっと挨拶廻り&里帰り画像の贈呈をしてから、本格的に
何時もの流浪式で巡回を始めました。

しかし今回はあれですね。
歴の短い私は参加し始めてからまだ数回ですけど、一番人が多かった気がします。
つーか無駄に体がでかいもんだから、通路で詰まる詰まる。(苦笑
一応気遣って(相手と鞄の中の石の双方に)すれ違い時は進んで譲っておりましたが、
そうすると時々延々自分が進めなくなったりとか。( ̄▽ ̄;
何度か狭い通路へは侵入を諦めて迂回したりしてました。
そんな状態なので、無論人気ブース前はごってり人まみれ。
ここでもやはり無理に突っ込んだりはしないようにしていたので、結果的に効率だけ
見れば少々無駄な時間も多かったと言えなくもありません。
まぁだからといって、タイムセール時のおばさま軍団の如き割り込みをしようとは
欠片ほども思いませんけどね。
自分も相手も、不快感と荷物破損のリスクを負うだけなので。

里帰り画像は皆様に大変喜んで戴けました、こちらからもありがとうございます。
ただ、最近私のPCだとPDFが異状に重い為事前チェックがしっかり出来ておらず、
何店か参加なさっているのを見逃してしまっておりまして。
その辺りは申し訳ありませんが、次の機会にですね。
あと、今回はどうにも石友さん方は都合が付かなかったようで、何時ものブログ繋がりな
メンバーは1人もいらっしゃりませんでした、そうじゃない方には1人お会い致しましたが。
ちょっとこれは寂しかったですが、仕方ない事ですね。

で、肝心の石ですが。
まぁ毎回何だかんだで楽しめてしまう私ですが、今回は結構よかった気がします。
ただメインに凄いものや新産がどーんというのは少なくて、探すと面白いものが
ちょこちょこある感じで、気配で探るよりは探索した方が発見し易い感じでしたね。
実際自分の手応えと戦利品を見ると、そういう子が多いです。

個別で気になった、あるいは目に付いたのはこの辺。
まず、新産というか今年のツーソン後に姿を見るようになったものとしてギリシャ産の
ヒスイ輝石の結晶が幾つかあったのですが、残念ながらこれは風景の折り合いが
付きませんで、今回は入手断念としました。
そこそこ数があったんですけど、余り注目されていなかった気がするのはやっぱり
割と純度高めの鉱物系以外の人にはアピール弱いからかなぁ。
濃緑のもさもさの群れなので、超暗色の繊維状孔雀石みたいな感じですからねぇ。

次は同じお店で見かけたニッケルスクテルド鉱、スクテルド鉱は珍しくないですけど、
ニッケル側端成分の本鉱は今回私は初めて現物を見ました。
かなり姿も良く、お値段も悪くない感じだったものの価格ボーダーをダブルブレイクして
いる上、サイズがかなり大きかったので「もうちょっと小さいものは無いか?」とお聞き
したんですが「無い」との事で、残念ながら見送りました。(´・ω・`)
うーん…盆栽度との吊り合いがかなり迷う線だったんですけどねぇ。

毎回お世話になっているペトロフ氏。
今回の鉱物的な最大の収穫は、流石と言うべきかここにありました。
他にも数点安価且つ良い景色のものをお迎え。
ただ残念な点としては、最近国内店でのアップ頻度が地味に上がっていてちょっと
期待していたボリビア産の金属鉱関係が余り無かった事でしょうか。
普段は高価なものから手頃なものまでそれぞれ幾つか必ず置いてあるんですが、
今回は高価なもの数点位だったので…。
後、非常に手頃だった母岩付クリソベリルゲルマン鉱を縁試し放置しましたが、
案の定持って行かれましたね。(笑

階段下モロッコさんは相変らずお手頃&立派のナイスな品揃え。
特に今回目立ったのは黄鉄鉱白鉄鉱黄銅鉱等モロッコ産では意外と影の薄い
一次系金属鉱がどかっとあった事でしょうか。
方鉛鉱がいないのが残念なものの、かなり立派なものでも非常に安価で、しかも
美しい子揃いときますから、モロッコ好きな私は喜んで1点お迎え致しました。
後は新産だという御馴染みの鉄水晶にべったり藍銅鉱と孔雀石が覆った、素晴しい
色味を見せるものがあったのですけど、これは新産故か中々いいお値段だったので
後の多産に期待してスルー。
バナジン鉛鉱は相変らず素晴しいものの、ミブラデン系は少々増え過ぎているので我慢、
タオズは欲しかったのですが今一つ風景が気に入らずこれもスルーしてしまいました。
残念なのは、今回むしろ欲しかったモリブデン鉛鉱が殆ど無かった事ですね。
今までは毎回の如く豊富にあったんですけどねぇ…このまま来なくなったりしないよな。(汗
おまけにもう1つ、気付いた方も多かったとは思いますが、モロッコ産では私は初見となる
ファーデン水晶が何個かありましたね。
水晶単独のものと菱鉄鉱タッグのものがありまして、ちょっと欲しかったのですけどこれも
風景が今一つ気に入らずスルー、来年もあるといいんですが。

も一つあるドイツの某店様。
ここでは手頃な値段で入手したかったものや気になっていた子が多く、今回1店での
最多購入数になりました。
それでも弾数的に何点かガマンしましたが、まぁ次の機会もあるでしょう。
1点だけボーダーブレイクしていたのですが、かなり値引きして戴けたのでライン内に
きっちり収まったのも非常に嬉しいですね。
ってか某鉱は国内だとあんなに高いのになぁ、安かったなぁ。
風景さえ良ければ欲しかったのですが。

某高級店様。
ここでは毎回メイン陳列そっちのけ(=高くて手が出せない)でサムネイルを掘りまくる
状態になりますが、今回も同様に嬉しいブラジル産金属鉱の新顔を含む2点を入手。
カリフォルニアのリチア電気石も中々良かったんですけど、いまいち折り合いませんで。
何気にオマケで戴いたマウスパッドが、今年は去年より私好みでした。(笑
しっかし、ここのショーケースは何時見ても眼が潰れそう…。

アフリカ系の某店様。
今回は1個だけでしたが、弾数があればあと2つは欲しかったですね。
アホー石入り水晶にも惹かれましたけど、いまいち好みの子がおらず。
あと、久々にジルコンまみれの水晶を見ましたが既にあるのでひとまず除外。
でもその1個が実に楽しい感じの良い子なので満足です。

そして今回一番楽しみにしておりました、初参戦回以来となる某イタリア店様。
1度しかお会いしておらず久し振りの再会でしたが、里帰り画像でお判り戴けたので
スムーズにお話出来ました、ある意味百聞は一見にしかず。(笑
相変らずイタリア産に限らず、良いもの揃えておりました。
無論ここでも数点お迎え、喉手は他にもありましたが流石に弾数が。(´Д`;
ただ、手頃なカラーラ水晶と黒水晶が無かったのは残念かなぁ。
でもあの某鉱の進化形とか、大好きな某鉱の美盆栽とか、一瞬アレには見えない
トリッキーな子とか、色々楽しめる感じで揃ったので無問題でしょう。

国内店様では、まず相変らずの美品まくりな某店様。
ここも私はスキマ狙いが基本ですが、今回は1つお願いしていたものがありまして。
2個お持ち戴いた内から風景の纏まりの良い1個と、後はちょっと変わった産地の
某鉱の2点を入手致しました。
しかしあのゴシェナイトがちゃんと売れてる辺り、皆さん安くて良い子は見逃しませんね。

最近お知り合いになった某店様、新宿参加出来たのはやっぱあの理由なんでしょうねぇ。
ここではちょっとマイナーながら気になっていたものを1つ。
本当はもっと欲しかったのですが、弾数の問題と既に持っているものと被りが多かったので
その1つに収束しました。
店としては新参の部類に入るのでしょうが、相変らず美味しそうな品揃えでしたから
これからも頑張って戴きたいですね。

後は磨きが本職の某店様。
横浜最大の収穫となったこのお店では、今回鉱物的にどうこうという点ではそうは
なりませんでしたけど、楽しい景色の子を3つほど。
大変仲良くさせて戴いており、何時も値引き感謝です、ホントに。

そんなこんなで、今回の戦利品は何と予算の割には異様に多い26点。(戴き物1含
平均単価を出してみましたが、値引き考慮で¥1600くらいとかなり低く纏まりました。

'12新宿戦果
特集までのネタばれ防止にラベル文字を消してます、失礼。

ボーダーはサイズブレイクは無し、1辺のみぎりぎりなのが1点。
価格では値引き考慮で2点ブレイクしておりますが、ダブルブレイクは無し。
そして盆栽度が全体的に非常に高めで、鉱物的にも面白い子が多く、更には
希産鉱のかなり良いものも混じっているので、大戦果と言えると思います。
人混みやら何やらで、決して効率的に廻れていないにしては充分でしょう。
歩き方がやはり少しは巧くなったのかもしれません。

それでは。
一足早いですが、参戦者・店舗・スタッフの皆様方、お疲れ様でした&ありがとうございました。
そして本日以降参戦の方々、良い子との出会いをお祈りしております。
また来年も盛況である事を願って、レポを終了とさせて頂きます。

しっかし、低い台が多いから次の日腰が痛いったら。(苦笑


BGM:Focus「Eruption」


スポンサーサイト


コメント
お疲れ様でした~(*^_^*)

ショーレポ、楽しく読ませていただきました♪
戦利品の数、すご~いっ!
これだけゲットすると、帰ってから見るのもすごく楽しいですよね~。
また、撮影大変でしょうが頑張ってくださいね。
楽しみにしています♪

ひいらぎ│URL│2012/06/03(Sun)22:58:52│ 編集
Re: タイトルなし
労いありがとうございます。
いやー、ホント台の低さは上背がそこそこある私にはキツくて。
今現在も湿布まみれですよ。(苦笑

だらだら長文でしたがお楽しみ戴けた様で嬉。
正直ここまで数が出るとは思いませんでしたね、相変らず1点当りが
安価なものばかりとはいえ、各店舗さんでの値引きがかなり効いたので
その辺が大きかったかもです。
ボーダーダブルブレイク1個と安価なの1個でも、値引きして頂いて
結局1点当りは割ったらボーダー内ってのもありましたし。
ってか正札で三桁が1点しか無いのによくこの平均価格で纏まったもんです。
後は高い印象しか無い様な鉱物がやたら安く発見出来たのが大きいですかね。
その分、思い切り目一杯ブローしてしまうハメになった訳ですけど。(苦笑

撮影はもちろん、出来次第。
可能な限り美人に写してあげたいですし、未だ以前の戦利品特集が続いて
おります(苦笑)から、今しばらくお待ちくださいね。

TONGARI Take│URL│2012/06/04(Mon)10:39:12│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1305-7ffaac7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。