「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/05/10
21:30:09
皆様コンバンワ、ゲリラな降下物に襲われつつも日に日に暖かさが増して行く、
そして上等の蒸し加減になりつつある今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
昨日はずぶぬれで帰って来たリキッドスネークTONGARIです。

まぁ、屋根有&交通機関内が殆どなので、裾や頭が集中して濡れただけで済みました
ので、帰宅後キレイのミ○ト+サーキュレイターコンボで簡単に解消しましたが。

さてさて、本日の石日記も「合同戦利品」特集の続きです。
昨日は'11赤レンガ次峰でしたので、今回は'11池袋の次峰の出番。
そして昨日がにょろーんとしたファニー系且つ結晶部分の質が良いという、中々の
技持ちでしたから、今回もそれに真っ向勝負出来る子を出そうかと。
…そして、池袋集団でそれを任せられるのは、この子以外に考えられませんでした。

石膏_チリ1
普通に見えても感じる違和感。

複数画像なので折り畳みへどうぞ。

そーゆー流れで'11池袋の次峰。
詳細産地不明ですが、チリ産の石膏…いわゆる「砂漠のバラ」Ver.です。
お迎えしたお店的には判ってれば必ずラベルに入れるので詳細産地は本当に
不明なのでしょうが、ぱっと浮ぶとすればアタカマ砂漠が最有力でしょうね。
Mindatを見てもやはり砂漠のバラっぽいのはそこのものになってます。
…尤もそれ以上に、チリでの石膏登録がここまで少ないのが意外でしたが。(苦笑

この子は実サイズで大体80mm四方に20mm厚程、安定するのが斜め置きなので、一応
ボーダー以下ですが実際の1辺の長さに比べると少々場所取りなのかもしれません。
いかにも砂漠のバラらしく、褐色味のある砂塵を内包した単結晶となっています。
しかもコレ、実はその2回前の'11横浜(地震で順延した回)には既に見付けていたの
ですが、良い感じと思いつつ他の優先品を重視した為お迎えせず。
そしたら律儀にも池袋まで残っておりまして、めでたくお迎えとなりました。
そういえば砂漠のバラは「Desert Rose」という場合と「Sand Rose」の場合の2パターンの
記載が見られますが、一応どっちも正解みたいです…というか厳密な分け方が不明でした。
ちなみにラベルを見るまで産地を思い切りモロッコだと思っていたのは内緒です。(--

そういやモロッコ産、未だにマトモな形のヤツがいないな。(笑

…で、上記部分で既に「アレ?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが。
コイツは一応砂漠のバラではあります、上記且つご覧の通り。

石膏_チリ1アップ1
裏面。

本当に例えでも何でもなく単結晶なんですよ。
一応隅の方にちょこっと荒れたような部分はありますが、ほぼ完全な1枚板。
つまり両錐の石膏結晶そのまんまだったりするのです。
大概砂漠のバラと呼ばれるものは大なり小なり複数の結晶が交差していたり、
大きな1枚の結晶の中心付近から小結晶群が育ってたりするモンですが、
コイツに関しては完璧と言って良いレベルでの単体なのです。
見た瞬間「お前はバラじゃねぇ!」と突っ込んでしまった私は悪くないはず。(笑

尚、実際の結晶方向は石膏をご存知の方ならお判りでしょうが、↑2つの画像を
真横から見た状態になるので、微妙に異極晶というか並行四面体っぽくなってます。
特にこの子は表面に接合痕がはっきり見えているので判り易いですね。

石膏_チリ1アップ2
この縦筋がそうです。

この子はもう、その余りの「らしくなさ」が気に入ってしまいお迎えしました。
それでも一応縁試し放置を普段より遥かに長期間行ったというのに、しっかりと
残っていた辺りにストレンジな運命か何かを感じる部分もあったり。(笑
そしてラベルは付随状態で販売されてはいなかった為、購入後に改めてラベルを
戴いた時に意外にもチリ産だという3度目のびっくり。
確かに非常に安価でしたが、池袋戦利品中最も楽しめた子の1つだったんですよ。
主にネタ的な意味で。( ̄▽ ̄

ご覧に入れた某2人の女史も大爆笑なさってましたしね。(・∀・)

という訳で、'11池袋でファニー系且つ結晶として良いという、昨日の流れを
思い切り受け止められる子といえば、私の中ではコレだったんですよ。

我が戦果に、一片の悔い無しィィィィ!!


BGM:Steve Earle「Billy Austin」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1279-083dd2b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。