「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:29:48
4月最終日の夜にコンバンワ。
本日の石日記です。

現在撮影に関連して色々とチェックする事があるんですが、ついで的に
その際ちょこちょこまだ登場していない鉱物に気付く事がありまして。
今日はそんな子です。

灰重石_中国1
色の美味そうさでは上位にいると思う。

複数画像なので続きへGO。

てな訳で初登場、中国は四川省平武県産、灰重石です。
ぱっと見に産地名をピ○グーと読んだのは私だけではないはず。
実サイズ45x40x30mm程、白雲母がびっちり林立する母岩上に白色半透明の
鉱物を伴って、深いオレンジ色の結晶が鎮座しております。
キレイな単結晶という訳ではありませんが、大小2つ連なった姿に何処と無く
愛嬌がある感じで、艶や透明度も比較的良い方だと思います。
クラックが少々目立ちますが嫌な感じでは無いですしね。

ちなみに白色半透明鉱は多分蛍石。

灰重石_中国1蛍石
…くらいしか思い当たらない。(苦笑

灰重石自体はそれなりの石好きさんじゃないと縁が無いかもしれませんね。
鉄重石マンガン重石等と並ぶタングステン酸塩鉱物の代表格で、その中でも
かなり石好きさんには知名度・人気共に高い子と言えるでしょう。
組成はCaWO4とシンプルでタングステン含有量も割合多く、現在でもその
資源鉱物として主力となる鉱物の1種でもあります。

中でもこの中国四川省産は、標本としてスタンダード。
これは確かに世界的にも立派なものを多産しておりますから、文句なし。
以前は韓国産やルーマニア産等もそうだったようですが、私が石好きに
なってからは余り見掛けず、見ても古い産出品っぽいものばかりですね。
また実は日本でもよく産出するのですけども、ここまで立派な結晶は稀で
大概は母岩中に微細なスポット状に埋没しているものが殆どです。

そーいえばこの風景、何処かで見た事があると思えばコレと同じですね。
実際同地区からの産出を確認してますので、同郷かもしれません。
どちらかといえば控え目なベリルと比べると、随分ビビッドな景色。

灰重石は好きな石なんですが、中々お迎え出来ません。
そんな中手元にあるこの子は、その煮凝り的に美味そうな感じもあって
非常に愛着のあるものだったりします。

で…灰重石といえばセットで語られるのが蛍光性なんですけど。
生憎この撮影時はライトが不調な時期でしてねぇ…。
今もちょっと安定していないんですが、試してみるつもりです。
撮れたらまた掲載しますので、少々お待ちを。

しかし、何時見てもお腹の空く色…。

※TWWSブログ3周年プレゼント・応募期間延長してます
 締め切りは本日30日中一杯です。
 現在まだ滑り込み可能なのでこちらをご確認の上是非是非。


BGM:Terra Nova「Losing Sleep」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1269-8bf5e0be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。