「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:37:40
皆さん週末の夜にこんばんわ、お楽しみでしょうか。
当方は節約の為飲みを我慢している、毎回ショー前にはかなり意図的に
チャージが必要な漢、すかんぴんTONGARIです。

ギネスが…ギネスその他が呼んでいるうぅぅぅ。(幻聴

さてまだまだ今回も「我が家の戴き物」特集が続く訳ですが。
実の所個人様からの流れに入ってしまうと、殆どがTomokoさんのターンに
なってしまうんですよね。
一番頻繁にお会いする機会の多い方ですし、恐らく贈り贈られでやりとりして
いる量も今のところ最多、故に自然とそーなる訳でして。
元々どうも石好きとしての方向性に似た部分があるご様子ですし、私としても
一番その辺でアタマを捻らなくて済む(良い意味で)方なんでしょう。
何か好きな鉱物種とか結構被ってる気も致しますし。
いやまぁ、ネタ的な意味で選ぶにはどなたでも最大限まで捻りますが。(笑
ホント、何時も楽しい子達をありがとうございます。

という訳で、今回の子もその1つです。

あられ石_モロッコ2
普段の印象とはちと違う。

複数画像なので折りたたみます。


これは御馴染みの品目と言って良いでしょう、モロッコ産のあられ石です。
いわゆる「スプートニク型」と呼ばれるものと同じなのですが、普通見るのは
ころっとした放射状集合体1個分という物が多い中、この子はどかっと大量の
集合体が寄り集まってせいぜいその辺は面影程度にしか残っていません。
戴いた時はその余りの印象差に大笑い致しましたが、同時に流石ガテン石
大好きのTomokoさんだと感心を。
だって、このタイプでここまでガテンなヤツも早々いないっすよ。(笑
いやー、楽しい子をありがとうございました。

そーいや一応結構な量の母岩残滓噛んでるんですよねコレ。
それで気付いたんですけど、コイツの母岩付って存在するんでしょうか?
何か残滓から見ると含鉄砂岩みたいな感じなので、崩れちゃうのかな。

そして、このタイプの場合結晶1個が普通に肉眼的なので、多数集まった分
実サイズもかなり堂々クラスの約90x80x40mm。
全体を見るとごちゃっとしまおりますが、それでもよく見ればきちんと↑リンクと
同じスプートニク型の気配を残しており、大体7つほどの集合体が主体となって
組み合わさっている事が見て取れますね。

あられ石_モロッコ2アップ
基本はちゃんと放射状。

但し合間を繋いでいる部分は殆ど見えず、母岩残滓でなのか結晶の相互
接触でなのかはよく判らない状態になっています。
母岩残滓だと↑の母岩付を見ない理由の推測と矛盾してしまう気もしますから、
多分結晶同士の接合だとは思うんですけども。

ちなみにこの子、一目見た瞬間に我が家での渾名が決まってまして。
通称「ピグ○ン」と申します。(・∀・)
冷静に見ると微妙な具合なんですが、最初にそう見えちゃったもので、
もう自分ではそうとしか見えなくなっちゃったんですよ。
まぁ石に対する印象なんてものは多分にロールシャッハテスト的な部分が
誰にでもございますから、文字通り自分勝手なものなんですけどね。
だから思い切り堂々サイズ且つガテン系なのに、マスコット的存在でもあるんです。

皆さんには、果たしてどのように見えるのでしょう。
私が「ピ○モン」だと書いたからそうとしか見えなくなっちゃった方がおられましたら…

…何かごめんなさい。(汗

※TWWSブログ3周年記念プレゼント企画・応募期間中です!
 こちらをご確認の上、がっつりご応募くださいませ。


BGM:Ron Carter「A Blues for Bradley」

スポンサーサイト


コメント
うわ~、大きい!

ところで、こちらのページにこのアラゴナイトを掘っているところ(らしい)写真が出てきます。
http://www.mineral-forum.com/message-board/viewtopic.php?t=358
上から4番目当たり
なんだか「耕して出てくる」って感じです。


KURO@虚空座標│URL│2012/04/24(Tue)10:39:34│ 編集
Re: タイトルなし
大きいです。(´ω`)
でも見た目より頑丈ですよコレ、やっぱ結晶同士噛んでるのかな。

リンク先拝見しました。
なーるほど、含鉄した風化崩壊岩層からなんですね、道理で母岩付無い訳だ。
リンク先はスペインですが、確かモロッコのアトラス山系にもこの手の崩壊
褐鉄鉱系の場所は腐るほどあるらしいですから、同様の産状なんでしょうね。
モロッコとスペイン、非常に似た部分ございますし。
どうもありがとうございます。

ってかKUROさん、さてはこのページその下の珪乳石調べてて見つけてたとか?(笑

TONGARI Take│URL│2012/04/25(Wed)22:25:27│ 編集
あ、鋭い!
……でも違います。
「Panasqueira」で検索してたらヒットしました。

もちろん珪乳石の写真もホクホクしてますけど。
スペイン産の、白くて中が卵色のが欲しい~。

KURO@虚空座標│URL│2012/04/25(Wed)23:28:09│ 編集
Re: タイトルなし
ありゃ。(笑

確かに、あの珪乳石の採掘画像は中々面白かったですね。
狙ったような頭の出方が「コンニチワー」な感じで。
そういえば、珪乳石はまだ出会いが無いなあ。

TONGARI Take│URL│2012/04/26(Thu)22:33:53│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1259-98e1e561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。