「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:31:48
どうもこんばんわ、TONGARIです。
本日の石日記行きましょう。

まだまだ続きます「我が家の戴き物」特集。
多分あと1週間弱程…か、もうちょっと少ないかその位。
今回の子は近隣某店様より戴いた、ちょっと私自身頭を悩ませてる子です。

柘榴石_宮崎1
高千穂再び。

という訳で国産、宮崎県西臼杵郡高千穂町産の柘榴石です。
詳細種は不明ですが、近郊の鉱床と標本を見る限りどう見てもスカルン系ですし、
恐らくは灰鉄系を機軸としたものになるでしょう。
実サイズは20x10x8mm程とコンパクトで、恐らくは緑簾石であろうと思われる
緑色柱状結晶が押し固まったよーな母岩上に、ルーズな結晶がみられるものです。
透明度は低めですが、何気に艶はあって色味は明らかに緑系。
緑系好き且つ柘榴石好きな私には嬉しい一品です。
どうもありがとうございます。

…と、ここまで書いておいて何ですが。
実の所私自身は、これが柘榴石にはどうしても思えません。
確か似た感じはぷ~んと匂う訳ですけども、どうも気配が違う。
それに、一番大きな結晶を追って行くと柘榴石では余り見られないような結晶の
スタイルになっており、また光沢感が異なるように思えて仕方が無いのです。
むしろ怪しいのは、母岩主成分と同じ緑簾石。
結晶スタイルに関してはこの感じの灰鉄柘榴石と比べた場合に対する
この緑簾石の両錐化したものの方が雰囲気が似て思えますし、光沢も普段
金属鉱に近いくらい強烈に照る灰鉄にしては甘い気が。
確かに両鉱ともかなり仲が良く同地で頻繁に共産する間柄な上に、柘榴石の
詳細種が確定していないので判断材料として甘い部分はあるのですけども、
なーんかこう、柘榴石に関しては数を見ている身には違和感が。

なので自分としては、この子はむしろ頭だけ出したり干渉で結晶形が中途半端に
なったりで「たまたま柘榴石っぽくなった」緑簾石じゃないかと思っています。
勿論私はプロでも何でもないので、アテになるようなもんじゃございませんが。

戴き物に限った話ではないですけど、たまに標本の中にはどうも見ていると
「これ違うんじゃないか?」と思う子がいる時もあります。
そして、事実違っている場合も割とあります。
なので決して珍しい出来事と言うほどではございません。

ただ何となく、これを戴いてそれに気付いた時、「宿題を出された」感が。(笑
基本見る事が最大の武器であるアマチュアの蒐集家としては、こういう子は
それはそれで「教材」とでも言いましょうか、中々燃える相手なんですよね。

何時かちゃんと結論が出せるよう、今後も精進せねばです、ホント。


さて。
石日記は以上となります。
以下折り畳みに今朝予告した告知を書いておきますので、ご興味のある方はどうぞ。

…と、勿体付けた件が何かと言うとですね。

当TWWSブログ、本日をもって無事3周年を迎えました!ヽ(*´▽`)ノ

ここまで続けていられるのは自身の嗜好的な部分も勿論ですが、何よりも
ご覧戴けている、またコメント・拍手等で暖かい応援を戴いている、訪れた
全ての方々のお陰です。
改めまして、本当に皆様ありがとうございます。
これからも良い意味で空気を読まない独自テンション(苦笑)で突っ走りたいと
思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

そして3周年を記念致しまして。
当ブログでは初の試みとなる、プレゼント企画を行おうと思います。
お贈りする物は鉱物標本、もちろん原石。
まだ具体的に何にするかは決めておりませんが、出来る限り良いもの、そして
素性のはっきりしたものにするよう勤めるつもりではおります。
ただ私の持ち物ですから、「良い」の基準が風景的な意味なのが基準である事と、
全体的に小型品が多くなるであろう事は予めご容赦ください。
以下に応募の要綱を記します。

<TWWSブログ3周年特別プレゼント企画>
参加資格:当ブログをご覧戴いている方全て、但し当選の際に発送先をお知らせ
       戴ける方(局・営業店留不可)に限らせて頂きます。
       あ、後日本国内の方に限らせて頂きます…流石に海外はキツイ。(汗
当選枠:具体的な品は上記の通り未定、応募期間中に決める予定ですが公開しません。
      指定不可でA賞1名・B賞2名・C賞3名を考えております。
応募方法:当ブログメールフォーム経由で応募の旨と、HNをお教え下さい。
       当方にて締め切り後、偶然という名の妖精さんの名に賭けて厳正なる
       抽選の後、専用記事にて当選HNを公開致します。
       その際の記事名は「3周年記念当選者発表」、カテゴリは「石の雑記」にて。
       万一HNが重複する方がいらっしゃった場合は受信日時を併せて記載します。
       また、発送方法は未定ですが何れにせよ送料は当然当方が負担します。
       ちなみに重複応募は禁止、判明した場合は応募資格を抹消致します。
応募期間:本日この記事の公開後より1週間後の24日中迄とさせて頂きます。
       管理人のスケジュール等により抽選・発表等に若干の遅れが出る可能性が
       ございますが、可能な限り迅速に発送まで行わせて戴きます。
       尚、応募の早遅は抽選結果に一切反映しないように致します。
当選したら:記事以外に応募の際頂いたアドレスへその旨別途ご連絡致します。
        恐れ入りますが迅速な手配のため、ご連絡後3日以内に発送に必要な
        情報をお送り戴けますようお願い致します。
        送付先情報を頂け次第、出来るだけ早く発送致します。
        また手渡しが可能な方もいらっしゃるかもしれませんので、その場合は
        別途打ち合わせをしたいと思います。
        万一3日を過ぎてもご連絡戴けない場合は当選抹消・再抽選とさせて
        戴きますので、予めご了承の程お願い致します。

※応募の際頂いたメールアドレス・HN、また当選の際の発送先情報などは全手配が
  完了次第、全て消去させて頂きます。
  (もし石友さんとして以降の交流を望まれる方がおりましたら、その旨お教え下さい
  無論期間中の扱いに付いても可能な限り万全を期す事をお約束致します。

…んー、多分コレで書き忘れは無いと思います。
私自身このような企画を行うのは初めてなので不手際等あるかもしれませんが、
よろしければ祝事のお裾分けにどうぞご応募くださいませ。


BGM:Camel「Rhayder Goes To Town」

※翌18日に書いた記事の中で応募に関し少し注釈的部分がありましたので、ごそっと追記。

まぁこういうトコロに色々情報を送るのが不安な方も多いのは当然でしょうし、
実際それが最大の懸念で今までやらなかったというのが本音なんですが。
その辺は一応私の出来る範囲でしっかりしますので、どしどしご応募ください。

で、昨日書き忘れたんですが、当ブログのメールフォームはテンプレのものを
そのまま使用しているのですけど、何故か入力した文字が見えない方が多い
らしいんですよね。
コレに付いてはすみませんが、ちょっと理由が判りません。
ので、その場合はメモ帳等で一回書いたものをコピペして頂ければ確実と思います。
お手数かけてすみませんが、宜しくお願いします。
それでは、↑リンクの要綱をご確認戴いた上、多数のご応募お待ちしております。

…あ、リア友の方々や普段お会いしている石友さんの方々もご遠慮なさらず。
抽選はその辺考慮しないでヒイキせず公正且つ厳正に行わせて戴きますけどね。

以上、プレゼント応募に関する追記でした。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1254-90a1923b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。