「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/04/12
21:18:27
どもこんばんわ、TONGARIです。

本日も特集「我が家の戴き物」続きます。
今回の子も、前回と同じオク出品者様より。
この子に関しては経緯がちょいとあるのですが、まぁその辺は
余り深く突っ込まない事にしておきます…
…人間故の仕方なかった事とだけ言っておきましょう、1回だけですし。

で。
この子は実は私にとっては基本NGの鉱物です。
一応自前でも1つ、試験的に持ってはいるんですが、あくまで試験的。
それ以外でまだ当分手を出す気は無いものです。
理由は勿論、「保存が困難だから」。

ですが、同時に「戴き物は須く天恵」というポリシーを持つ私。
自分でお迎えするのはNGでも、戴き物であればその限りにあらず。
有難く受け取り、その後は可能な限り保全策を取るのが礼儀でしょう。
その方にも、石にもね。

以前は固辞する事もあったんですが、最近は考えが少し変わりました。
それに、特に今回の場合みたいな「既に送って頂いた」ものを突っ返すのは
むしろ逆に無礼と言えますから、素直にお受けするのが一番。
そんな訳で、今回の子は久し振りの登場となるこの子です。

胆ばん_不明1
べっとり。

産地不明ですが、胆ばんです。
以前登場した自前の子は結晶体ですが、今回は皮膜になった塊状。
実サイズは35x30x10mmほど、板状に採られた母岩上にみっちりと
ターコイズブルー~やや緑がかった空色の本鉱が付いております。
恐らく、母岩の空隙をみっちり埋める状態で脈状に出来たものを
ぱかっと割ったものでしょう。
それにしては多少角が丸いですが、以前の記事の通り胆ばんは
湿気により潮解に近い劣化をするため、その点は余程高鮮度な事が
判っている物で無い限り破断でない証拠にはなりえません。
贈り主様、どうもありがとうございます。

ちなみに今回は湖塩や自前の胆ばんのように気密瓶が使えないので、
普通の鉱物用ケースに水道管用のアルミテープで目張りしています。
衝撃に対しては、多めのティッシュで包む事で対処。
巧く行くかどうかは判りませんが、まぁ理には適ってるはず、多分。

結晶の可憐さと比べると、硫酸銅の「毒っぽさ」が全面に出た感じ。
その分キレイには見えませんが、その性質を身をもって表現して
いるような、ある意味アーティスト気質的なモノも感じる子です。
その辺が何故か「中々やるじゃん」とか思ったりして。

何と言うか、「美」にも実に本当に色んなカタチがあるものです…。


BGM:Iona「Beyond The Shores」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1246-7ead216c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。