「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/04/06
14:28:56
さて、2発目の石日記です。

…ってか何故突然今日3発もやろうと思ったかと言いますとね。
昨日の中国柘榴石をアップした後に画像リストを改めてチェックし直して
みましたら、何時の間にか戴き物の子の画像がそこそこございまして。
なので、その辺を早めに登場させておこう…と思った訳ですよ。
やはり戴き物は出来るだけ早く画像化して出演させるのが、私的には
一つのご返礼のカタチかなーと思っておりますので。

間に合ってない分、ホント頑張ります。(´・ω・`)

とまぁそんな流れで、本日より…いや、昨日の柘榴石より暫くの間
ぷち特集として、「我が家の戴き物」シリーズをやろうかと。
先鋒…じゃない、次峰はやはり数が多い水晶で、特徴的な子をいきましょう。

水晶_宮崎2
割れは晶洞クラッシュ上致し方無い部分だったそうな。

複数画像なので折り畳みへ参ります。

そーゆー訳で、1発…いや、都合2発めになるんですか。
国産で宮崎県西臼杵郡高千穂町産の水晶です。
町田の某店様よりご主人の自己採集品という子を戴きました、感謝です。
お話で細かい産地をお聞きするのを忘れてしまいましたが、この特徴的な
産状から察するに同じ西臼杵郡にある日之影町尾小八重産と同じ系列の
脈の産出品と思って間違い無いでしょう。
この国産には珍しい、自形結晶表面をドゥルジー状の小結晶が無数に覆う
国産フェアリーとも言うべきスタイルは、中々他産地では見られないものです。

水晶_宮崎2アップ1
アップだと判り易い。

内部に乳白色の自形水晶があって、表層1層をドゥルジーが覆う状態ですね。
余りキレイ過ぎる標本だと妙な形をした部分がどうも判り難いのですが、この
標本は断面が結構多いので、その辺非常に判り易いです。
ちなみに実サイズは戴き物故自己ボーダーは全く考慮しておらずかなりの
大型品で250x200x200mm程と我が家でも最大級。
その内1/3程に晶洞となっている部分があり、そこに結晶が群れている状態に
なっております、ちなみに母岩部分も全部陶器っぽい石英の塊。
僅かな残滓以外他鉱物は全く見られない、ほぼ完全な単一鉱標本になってます。

実はコレ、当時結構欲しかったタイプでした。
しかし中々良い盆栽が見付からず「うーん」となっていた所、別段その事を
お話していないにも関わらず、渡りに船的に戴けてしまいました。
たまにあるんです、こういう「自分何か電波でも出してましたか?」って事。(笑
お陰様で、実に立派な子が仲間入りと相成りました。

しかし、見れば見るほど面白い産状ですね。
無論ドゥルジー状の見た目もそうなんですが、結晶の組み上がりかたと言うか
何故こうランダムにとっ散らかったよーな組み方に晶出したのか。
カワイイのですが、何となく落ち着きが余り無いように感じてしまいます。

なので、何かこの子の印象はどっしりでかいにも関わらず「無邪気」。
サイズが大きいからと言ってそれが安易に「迫力」に直結する訳でもない
という、小型派中心の私には気付き辛い部分を補完してくれた子なのです。


BGM:Bryan Ferry「Is Your Love Strong Enough?」

スポンサーサイト


コメント
ブラボー!ブラボー!
ドゥルージーがたまりまへ~ん
こんなに大きいの、置き場所に悩んでみた~い...

らば│URL│2012/04/06(Fri)18:47:41│ 編集
Re: タイトルなし
ははは、私的にはマジ悩みするサイズですが。(苦笑
でも、戴き物はすべからく天恵なので嬉しい悩みでございます。

しかし面白い産状ですよね。
生成の環境が余程特殊だったんでしょうか、内部が玉髄なら
インド産に近い感じでまだ判りそうなもんですけども。
もしかしたら、カクタス系とその辺で類縁なのかなぁ…。

TONGARI Take│URL│2012/04/07(Sat)17:31:16│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1236-b82a851d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。