「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/04/03
20:00:33
どもこんばんわ。

いやーすっごいですね、外。
今日は外出しており先程帰ったのですけど、もう物の見事に頭頂から爪先まで
どっぷり濡れ鼠で今風呂から上がった再加熱済のTONGARIです。

微妙に暖かいのに窓締切、でも高湿度だからエアコン付けないと湿気が
凄いのもあって、暑い気はしないくせに妙に汗を…。
気温だけなら不要なだけに、何か悔しい。

で、何か今日の印象はそれしか無くなってしまったので(苦笑)、
今回の石はそんな印象の子で参りましょう。

ヒスイ輝石_新潟1
うねる白と緑と水の気配。

複数画像なので続きは折り畳みん。

そんな流れで本日は我らが日本、新潟県糸魚川産のヒスイ輝石です。
これまで何度か当ブログで登場済のヒスイ輝石ですが、何気に今の処
全てミャンマー産のものだけで、別産地となる超有名な糸魚川産…と言うか
世界的に翡翠愛好国である我らが日本産の登場は今回が初。
ってか、今の所持っているのはこれ1つだけだったりして。(苦笑
しかも戴き物だったりします、感謝感謝。

実サイズは70x45x15mm程、単独の結晶を殆ど作らないヒスイ輝石故
当然のように「本鉱を中心とした岩塊」になっているものをスラブに切断、
その後両平面と面取り部分を磨いたものです。
何故そうしたかはよく判りませんが、側面は未研磨の切断面及び破断跡。
殆どが白を基調とし、その中に豪快に暗緑色のうねりが官能的な模様を
描く、なかなかに見応えのある一品です。

ちなみに裏面はこんな感じ。

ヒスイ輝石_新潟1裏
ちょっと大人しめ?

推測ですが、この子の場合のヒスイ輝石部分は白の部分のみであって、
暗緑色部分に関しては自色ではなくオンファス輝石の混在でしょう。
ヒスイ輝石のクロム発色の場合はもっとすっきりした緑色になると思いますし。
ってか硬玉翡翠の緑は大概このどっちかの発色だそうですね。
尚、それ以外に入っていそうなものは現状ルーペ観察レベルではございません。

戴き物なので私目線で選んだものではございませんが、どうもこの贈り主の
方は元々私と比較的好みの傾向が似ている上に、更にその上で少し違う
ツボ的なものを把握されているようで、戴く度に私好みのものばかりセレクトして
下さっております。
なので当然のようにこの子も例外ではなく、暗緑色という色付きながらも
控えめな色彩で山水画を描いたような静かな、それでいて全体に大きな
模様を描き自然の力を感じさせるような、そんなナイスな風景になっております。
激しくも何処か柔らかく、あり方は厳しくもこれからの季節への優しさがあるような、
そんな春の嵐にはぴったりな石だと思うのです。

…と、ここまで言ってますが、最初に見た時の印象は「朧昆布」でした。(笑
まぁどっちにしても「美味しい」盆栽石なのでオールOKですね。


BGM:Chet Atkins & Mark Knopfler「Poor Boy Blues」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1232-dee6c1c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。