「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/03/27
21:46:52
…と言われて本日の石に察しが付いた方は凄いと思います。
ってかその方とは良い酒が飲めそうだ。(゚∀゚)

ちなみにA-10というのは、米空軍の有名な近接航空支援(CAS)専用機。
砕いて言えば対地攻撃に特化しまくった装甲攻撃機です。
どの位特化してるかってーと、30mm6砲身ガトリング「アベンジャー」を
搭載するために機種主脚を中心軸からずらしたり、近接対空迎撃で
エンジン1機吹っ飛ばされても平然と飛べたり、コックピット周りのチタン
装甲が凄過ぎて「バスタブ」言われてたりとアホのようなお話満載。
で、コイツの愛称が「サンダーボルトⅡ」という訳で。

ちなみに初代「サンダーボルト」のP-47戦闘機も負けじとバカバカしい
頑丈さの逸話が腐るほどあるので、興味のある方はどうぞ。
ちなみに私はどっちも結構好きな機体だったりして。(←そっちのケもある人

で、ですよ。
石でサンダーボルトと言ったら、やっぱコイツしか適役はいないでしょう。

雷水晶_ブラジル1
頑丈さも近いもんがあるかも。(笑

ブラジルはミナスジェライス州、ディアマンティーナ産の水晶、その内地中へ
伝ってきた雷の電撃を受けて筋状の衝撃跡が残ったと言われている、所謂
「ライトニングクォーツ」と呼ばれているものです。
正に石世界のサンダーボルト。

実サイズは私の石としては非常に大型…というか長い部類に入り、高さで
大体140mmくらいあります、しかもトップから根元まで雷跡以外と思われる
明確なダメージは見当たらず、必要以上なマット感や荒さも感じない、
正に絶妙な「割れ・崩れ具合」の逸品、しかもかなり安価でした。
私にとっては非常に珍しく、サイズも含めての迫力にヤられた子です。

ちなみに水晶に詳しい某女史(゚∀゚)の調査によると、産出するのは特殊な
珪岩・砂岩質より成るColluvial鉱床というエリアから出るそうなので、
本ラベルのディアマンティーナというのはあくまで集積地名、或いは近隣の
メジャーな地名としての意味しか持っていないのかもしれません。
その辺の真偽は持ち主にも判らないのであしからず。

この子はとにかく凄まじいまでの迫力というか凄みがあるので、
テンション落ちた時に見ると何となくほっとします。
別にパワーストーン的な部分に興味の無い私ではありますが、
この石は確かに強烈な力強さを風景としても持ってるなーと思うのです。

何たって、少なくとも確実にニンゲンよりは頑丈なはずですもんね。(笑


BGM:Gamma Ray「Changes」

スポンサーサイト


コメント
かーっ!
たまりません!って石もそうですが、前半の記事がっ

こんばんは。ごく平凡な平和主義ミリオタ中年です。
サンダーボルト。いいっすね。
ライトニングクォーツよりサンダーボルト、いいっ(>_<)
140㎜??素晴らしい。

そんな自分・・・どうしたらorz

tomoko│URL│2012/03/27(Tue)23:27:43│ 編集
Re: タイトルなし
ありゃ、Tomokoさんが前半に食い付きましたか。
非常に良い酒が飲めそうですね。(笑
私はどっちかというとミリ系は造形派ですから、石とあんま基準は
変わりませんが、A-10は他にもエスコン愛機だとか某88とかで
思い入れあるんですよね。
多分Tomokoさんは後者のケが強いと推察します。( ̄▽ ̄

このライトニングに関しては、小型派の私でもサイズの威力を
強く感じますね、というか小型だとどうしても迫力に欠ける部分が。
勿論、盆栽的な意味で。
これでボーダー+1000ですから、超お買い得だったと思われます。

つかそこでorzしないでくださいTomokoさん。
ヘタすりゃもっとキワモノな私はどうすりゃいいんですか。(笑

TONGARI Take│URL│2012/03/28(Wed)10:53:44│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1225-24652702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。