「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
19:49:32
どうもこんばんわ、先日横浜ショー戦利品の整理も終わり、一時的ながら
若干石に対してヌケガラ化してる「石好き仮晶」状態のTONGARIです。

いやー今回の子達は細かく見る部分が多くてデスネ…。

だもんで、今現在は脳を休めてる状態です。
なので石日記の方も特にネタ含めを考えず、ぱっと目に付いた子を
登場させ、手短に参りましょう。

…とか言う割には要解説な感じの部分がある子をなぜ選んだ自分。

水亜鉛銅鉱&菱亜鉛鉱_ニューメキシコ1
ねぇ?(苦笑

米ニューメキシコ州はビンガム産、水亜鉛銅鉱と菱亜鉛鉱のペアです。
実サイズはマイクロ級の15x10x7mm程、褐鉄鉱母岩に出来た両鉱の
集合体を、空隙ごとぽこっと採ったよーな、そのまんま感溢れる一品です。
まぁそのせいで「屋根」にあたる部分が出来てしまい、きちんと隅々まで
チェックするには頑張って覗き込む必要がありますけども。
水亜鉛銅鉱は無論青い極微細な針状結晶のロゼット状集合体、
菱亜鉛鉱はもこもことした黄色っぽい方がソレですね。
菱亜鉛鉱の方の黄色の原因は不明ですが、特に褐鉄鉱等をインクして
いるような気配は感じないので、王道のカドミニウム発色かもしれません。
ちなみに結構古い標本で、コレコレとは同シリーズらしいです。

また、この菱亜鉛鉱は一見この辺一帯の産地に見られる泡の様な
もこもこしたタイプ
に見えますが、よく見るとちょっと違います。
かといって、やはり同地で結晶度が高くなった場合に散見されるもこもこに
段差が出来るようなタイプ
ともまた違っておりまして。
どちらかというとツメブ方面でよく見られるような、方解石一族本来の
平行四面六面体を思い切りルーズにしたようなタイプに似ています。
1つ1つが小さいので、はっきりとは確認し辛いですけどね。
(ついでに凡例:ちゃんと六面体がはっきり出た場合

そーいえば、菱亜鉛鉱がはっきり結晶しにくいのは方解石のCaに当たる
部分に、遥かに高比重のZnが入って歪が出易いからなんですよね。
もしかしてこういう結晶度高い物って、固溶体的な意味でもこもこの物より
Zn含有率が低くなってて、その結果結晶形が出易くなってるんでしょうか?
いやまぁ、ただの直感で根拠はありませんが。

…で、今日この子だった理由は先述の通りでして、何時もみたいに締めの
一言へネタを繋げるような話は一切ありません。(苦笑
ただ単に、たまたまこの子が目に入っただけです。

たまには、そんな日があってもいいですよネ?


BGM:Glenn Miller「Don't Sit Under The Apple Tree」



スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1223-ec99e077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。