「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
18:32:33
という訳で、初日に参戦して来ました。
案の定微妙なタイミングのレポですみません。(´・ω・`)

12横浜春
携帯写真故解像度はご勘弁。

予告通り、開場後10~15分くらいに到着。
画像はその時入り際に撮ったものです、ちょっと人少ない?
まぁ時間が経つに連れ、何時もくらいの人出にはなってましたが、
やはり平日ですし土日よりは空いてたかも。

とりあえず最初は何時も通り知己のお店の方々にご挨拶回りし、
その後はこれまた何時もの通りフラフラ巡回しつつ目に付いたものを
チェックしつつ、更にお店の方と色々お話しながら回るという、私式の
歩き方で過ごしました。
結局予想通り、帰りは閉場時間超過後になりましたとも。(苦笑

で、印象ですが。
何かこう、回を重ねる毎にアクセ系が目立って来てるのは気のせいでは
ないような気がするんですけど、どうでしょう?
ルースやタンブル・スフィア等が色々あるのは同じなんですけど、
決してアクセや磨きだけでなく鉱物標本を共に扱っているようなお店でも、
所によっては半分以上磨き・アクセ系だったり、また鉱物っ気は全く無い
完全なアクセ(非ジュエリー系)が参加してたりと端々で。
正直、これは「ミネラルショー」というより「石の総合ショー」的な感じです。
ただ、それでもきちんと標本・原石系のお店もしっかりございますし、
それで良いお店は無論古参・新規共に参加しておりますから、
きちんと見れば原石派でも十分楽しめると思いますけど。

石については、思ったよりツーソン新着の気配は薄かったかも。
数店舗はその辺を集中して出している所もありましたが、普段通りの
感じのお店の方が多かったように感じましたね。
尤も私自身が毎年余りツーソン新着系の情報をきっちりチェックする程
気にしないという一面もありますので、見逃しも多いかもですが。

で、戦利品。
実は何時もの「縁試し放置」で1つだけ手元に来なかった子はおりましたが、
それは承知の上なのでまぁ問題ないでしょう。
手元にお迎えしたのは、最終的に戴き物1点、取り置きの受取分を含む
全22点と、低予算だった割には充実の一群となりました。

12横浜春戦果
ネタばれ防止にあえてちょっとピンボケ失礼。

ボーダーブレイクはサイズが無し、価格が値引き考慮で4点。
但しダブルブレイクはありません、平均単価は大体2000ちょいですか。
勿論ブレイクした品は「して当たり前&十分安価」双方の条件を満たす物
のみですから、何ら問題無いでしょう。
かなり双方共コンパクトに纏まったんじゃないかなーと。
むしろ発掘探索的な期待値で言えばどうしても6月新宿や12月池袋より
低くならざるを得ない中、アレやソレの母岩付きやコレの良盆栽等、
思いもせず入手出来たものが多かったので、ちょっとびっくりです。

さて、これを書いている時点で既に2日目が終了し、残すは最終日のみと
なっておりますが。
最終日参戦の方々にどうぞ幸運な出会いを。
そしてちと気が早いですが、ご参戦の・各店舗の・そして運営スタッフの
皆様、今回も本当にお疲れさまでした&ありがとうございました。
また次回の開催を楽しみにしつつ、筆…じゃなくてキーボードを置かせて
戴きます。

来年もまたお会い致しましょう。
それでは、毎回ながらレポになってるか微妙なレポでした。


BGM:Bootsy Collins「Countracula (This One's For You)」

スポンサーサイト


コメント
おはようございますー
やっぱり印象としては同じような感じだったようですね(^_^;)
子連れ(ってでかいけど;)で行ったこともあってじっくり回れませんでしたがワイヤラッピング体験に放り込んで、その隙に主要ショップさん回りました。

ご紹介いただいたショップさん、よいですねー。
予算がゆるせばあと4つくらい欲しかった。

M山様情報で今回もなかなかのラインナップをそろえられているとのこと(^^)
アップ楽しみにしております。

tomoko│URL│2012/03/25(Sun)08:01:36│ 編集
Re: タイトルなし
どもですー、そちらも予定通り土曜に参戦されたんですね。
お子様をワイヤー講座に放り込んだって、何とまぁ。(笑

あのお店は良いですよね、私もかなり危なかったですし、
実は縁試し失敗した子もそこにいたんです。(笑
何といってもモノがちゃんとした上で、価格層や嗜好面での
対応幅が異様に広いのがありがたいです。
ワークスさんと印象は似てますが、金属鉱にもちゃんと焦点がある
部分と、対応幅が広い分超一級品の割合がちょっと少なくなってる
辺りがカラーの違いになってるかも?
後、個人的にはコンパクトな品が多いのが良いですね。
こういう言い方もお店に失礼かもですが、余りメジャーに
なってほしくない気がひしひしと。(汗

M山さん、やはりそうお伝えしてましたか、同じ事言われました。(笑
実際今回は、かなり面白いものや探してたものの割合も大きく、
個人的満足度も高いですしね。
撮影がどの程度早く出来るか判りませんけど、頑張ってみます。

ってか、特集やるとなると昨年赤レンガ~池袋~今回の合同という
膨大な量の特集にせざるをえない恐怖が。( ̄▽ ̄;

TONGARI Take│URL│2012/03/25(Sun)19:12:10│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1221-9cef25a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。