「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/03/15
21:46:08
どうもこんばんわ。

なーんか最近文脳が動かんなーと思ってましたが、ようやく理由っぽい
何かが判りましたよ。
ここ最近、暫く振れ幅が大きいというか温いのか寒いのか判断に困ると
いうか、そんな春の先鋒的な天候だったもんで、自分のアタマもそれに
馴化しちゃってたよーに思います。
そういや昔から私、花粉症とかは全く縁が無い代わりになのかどうなのか、
この「春眠暁を覚えず」的空気にひどく弱い人でした。
気合云々じゃなく、ホントに体が抵抗出来ない感じで。

そんなんなので、本日も判り易い子を置いて短くいきますね。

蛍石_コロラド2
ぼんやり。

米コロラド州、Ronson鉱山付近坑産の蛍石です。
実サイズは25x15x10mm程のサムネイル級で、ご覧の通りの淡いあわーい
ラベンダーパープルとミントグリーンのゾーニングを持ち、磨りガラス様の
結晶面に寒天ライクな半透明さを持つ六面体結晶が組み上がったものです。

何とも曖昧ではありますが、この理屈抜きで優しい風景こそがこの子の
最大の持ち味だと思いますから、今日みたいな長文を書く気がしないような
曖昧な日に出すのが相応しいかと思いまして。
ご覧戴ければ伝わる(多分)タイプですしね。

以上、私自身と本日の子より。
曖昧≒優しさ。
近似ではあっても同一では無い事に留意。

…自分はもうちょっとしゃっきりせんといかんです。(苦笑


BGM:The Flower Kings
    「Stardust We Are (Re-Recorded 1998 Version)」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1214-cd7f3bf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。