「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:17:56
なんてーか、見事に積もりましたね。
これは明日も結構影響残るだろうなぁ。

そしてカレンダーでも本日は2月の最終日。
しかも通常より1日多い閏年のその日という訳で、正に冬と春の
狭間にあると言える日ですね。
こんな日に大雪だったのも、もしかすると今冬がやり残しの無い様、
去り際にその持てるチカラを振り絞ったからなのかもしれません。

という訳で本日の石日記は、そういう冬と春の狭間にふさわしいと
思えるこんな子にご登場を願いましょう。

蛍石_スペイン3
白と緑と。

複数画像なので続きへどうぞ。

てな流れで。
本日の子はスペインはPapiols鉱山産、水晶上の蛍石です。
確か昨年半ば辺りからよく見るようになった覚えのあるタイプでしたっけ?
実サイズは25x10x10mm程、非常に小さいながらきちんと柱面のある
水晶クラスター上に、これまた小さいながら非常に透明度・艶に優れた
ミントグリーンの八面体結晶の蛍石が乗る美しい取合せの品。
とにかくその組み合わせ自体が反則的に美しいと思える子ですね。

蛍石の透明感はこーすると実感出来ます。

蛍石_スペイン3アップ2
クラスター分割面までくっきり。

あ、そうそう。
この子も実は紫外線蛍光するのですが、ランプの調子が悪かった時の
子なのでそれは撮影出来ていません。
ってか最近長波ランプの出力が安定しません、接触不良なのかなぁ?

ともあれ。
白と緑が入り混じりつつも、主役は緑。
狭間でありつつこれから春が主役になっていくこの日に相応しい子は、
多分今私が持っている中ではこの子が一番だと思うのです。

願わくば、来る春が美しい春でありますように。


BGM:Mötley Crüe「Angela」


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1200-c6cf97e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。