「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/01/05
19:37:11
少々日が過ぎてしまいましたが。

皆様、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ本ブログを宜しくお願いいたします。
また、今年も皆様の石好きライフ及びそれ以外のライフに
幸多からん事を謹んでお祈り致します。


紫水晶_カザフスタン2

私の方はもう少ししたら少々多忙になる予定ですが、石好き道に
翳りを見せるような事にはしないつもりです。
そういえば長引いた大掃除(しかもまだ続行中)の影響で赤レンガ&
池袋戦利品の特集もまだ始められていない状況ではありますが、
これも出来るだけ早く撮り始められるようにしないとですね。
無理の来ない程度に頑張ります。

画像はカザフスタン産の紫水晶2号です。
実サイズ約20x10x15mm程、スタンダードな両錘型結晶がポンと
母岩に乗ったものに見えますが、孤立傾向にある当地にしては周囲に
きちんと肉眼的な同鉱が群れており、また主結晶も良く見ると明瞭な
セプターの形をしてるという少し変則的な子です。

今年も善き盆栽に巡り逢える事を祈りつつ。

スポンサーサイト


次の記事:今年も。
このページのトップへ
前の記事:紅白。
コメント
明けましておめでとうございます。

今年一発目は、TONGARIさんの盆栽魂に
ぴったりなカザフスタンのアメシストなんですね。
かわいい風景のアメシストですよね~。
2012年もTONGARIさん節炸裂を楽しみに
しています♪

今年もよろしくお願いいたします。

大掃除頑張ってくださいね~(*^_^*)

ひいらぎ│URL│2012/01/06(Fri)00:43:04│ 編集
あけおめ(死語;)です
メインもきれいですが、実はその周辺の結晶がとてもそそります~
一つ一つがとても綺麗ですよね。

駅伝見ながら「おおお~あの川は!!」などと感動。
あの石、本当にルーペで楽しくどんぶり5杯ですv

今年もよき石に出会えますように。

tomoko│URL│2012/01/06(Fri)20:24:40│ 編集
(^^)
あけおめことよろです(^^)
姿のよいアメジスト。
石おみくじ今年も引いたらアメジストでした。
たけさんのところで見れて縁起よしです(^^)

kana│URL│2012/01/06(Fri)21:11:49│ 編集
Re: ひいらぎさん
おめでとうございますー。

いつぞやも書いた気がしますが、カザフのこのタイプのアメは
各種標本の中でも特に盆栽度高めになりやすいと思うです。
なので、みなさんのセレクトを拝見するのも楽しいんですよ。
節は…自分じゃ判りませんが、勝手にそうなるかと。(笑

こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。

TONGARI Take│URL│2012/01/08(Sun)20:46:10│ 編集
Re: tomokoさん
ですね、どっちも双方引き立ててると思ってます。>周囲結晶

そういえば駅伝ありましたね。
私自身はまるっきりTV観ない人なので、すっかり気にしてませんでしたが。(苦笑
実際の採集場所はあの遥か上流になりますけども。
小さすぎかなとも思いましたが、お楽しみ頂けて何よりです。

出会えますようにー。

TONGARI Take│URL│2012/01/08(Sun)20:48:43│ 編集
Re: kanaさん
おめでとうございます、こちらこそよろしくお願い致します。

石おみくじなんてあったんですか、知りませんで。
偶然でも縁起担げたようで何よりです。

TONGARI Take│URL│2012/01/08(Sun)20:51:23│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1172-b22c1daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。