「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2011/11/17
18:52:42
本日もガテンな流れで、しかし少し変化球。

シャーレンブレンド_ポーランド1
木の化石ではありません。

ポーランド産の閃亜鉛鉱・方鉛鉱・白鉄鉱等が堆積して縞模様の
層状になった資源鉱石の1種、一名「シャーレーンブレンド」です。
実サイズは45x40x10mm程で一面は研磨面、他は粗く割り出して
角だけ落としたような状態になったものです。
元が塊状でもっと大規模なのは間違いが無いので、その一部だけ
標本用に体裁を整えたものと言う事になります。

シャーレーンブレンドとはドイツ語で響く鉱石を意味し、ここポーランドを
始めとして欧州数か所で産出する金属鉱の形態です。
叩くとチーンという少し気の抜けたグロッケンみたいな音がします。
(貝殻のような石、という意味という話もあります
あくまで鉱石名で鉱物としては先述の通り数種類を含むものですが、
その模様の美しさから鉱石としてだけではなく、いわば鑑賞石の
一員としての名でもあると考えていいでしょう。

基本的にこういう縞模様は違った色味のものが堆積すれば出来て
しまうので、様々なパターンが知られておりますが、このシャーレーンは
ほぼ全てがこのような落ち着いた色味になっています。
そのため、縞模様の石の中でも一種異彩を放つ存在。
かといって悪目立ちしている訳ではなく、むしろ逆に泰然自若として
ただそこにあるという感じなので、嫌味は一切ありません。

似たものを無理矢理探すとすれば、多分(本当の意味での)名知識。
積もる年月を経て浮かび上がる徳相的なものを感じずにはいられないのです。


スポンサーサイト


次の記事:大物。
このページのトップへ
前の記事:光道。
コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1151-522b32a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。