「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
20:29:37
キレイなジャイア○的な。

…と言うのも何か想像し辛いかもしれませんが。
でも、今日の子はホントそういう子なんです。

車骨鉱_ペルー1
ね?(・ω・)

ペルーはHuancavalica産、車骨鉱です。
前回登場はかなり前の水晶との共産品だったので、すっごく久しぶり。
実サイズは10x8x8mm程の単結晶で、連続する輪座双晶により独特の
歯車状断面を持つ状態になった、短柱状のもの。
剥離跡が極小さくある以外はダメージ皆無できちんと両頭。
そこまで大型と言う訳ではありませんが典型的な結晶を判り易くしていて
鮮度も高く、マイクロ~サムネイルクラスの好標本とは言えると思います。

ちなみに車骨鉱は組成CuPbSbS3で銅と鉛とアンチモンの硫化鉱物。
一応金属はどれも等価で入っているのですが、何故か基本的に鉛系の
鉱物という認識が大きいようです。
まぁ確かに産状的に他のものと比べ鉛系鉱物と一緒に出る事が多いので、
多分その辺のイメージからそうなっているんだと思いますが。
国内では秩父鉱山産のものが世界的に有名ですが、これは既に纏まった
産出が絶えて久しく、参考品程度でもそこそこに高価。
国外では当地の他ルーマニア、ボリビア、フランス辺りが主産地になります。
金属鉱の中では人気がある方で、それでも少し高値安定な感はありますね。
もちろん、仔細は大きくモノにもよりますけども。

この子はその本質的なガテン具合と、本鉱として非常にキレイな姿の
対比が見事で、金属鉱の結晶標本のお手本のよーな子です。
キレイなジャ○アンとの決定的な差は、違和感を感じずに済むところ。(笑

基本的に質は二の次の私ですが、こういうきっちりした子が嫌いな訳じゃないんですよ。
端に手が出にくいだけで。( ̄▽ ̄;


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1148-04ff0e51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。