「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
18:04:18
本日の石日記も金属鉱で参りましょう。

昨日のペトロフ氏モノは仕方ないとはいえ判り難いですよねぇ。
でも、完全に別種で混在してると言う意味では、ある意味まだ
判り易い方だと言えなくもないんですよ。

今回は、更に判り難いとも思われる子を行きましょう。
…といっても、種類として珍しい訳ではないんですけどね。

マータイト_ブラジル1
どう見ても磁鉄鉱でs…ってあれ?

複数画像なので続きへどうぞ。
それがコイツ。
ブラジルはミナスジェライス州、Turmalina産の赤鉄鉱です。
どう見ても正八面体の形は磁鉄鉱ですが、ラベルは赤鉄鉱。
つまりコイツは磁鉄鉱仮晶の赤鉄鉱で、通称「マータイト」と呼ばれるもの。
実サイズ約50x35x40mm、雲母片岩(緑泥片岩?)を母岩に数個の結晶が
埋没したもので、磁鉄鉱の産状としては割と平凡な部類に入ります。

実際、この二者は非常に近いものです。
どっちも酸化鉱物で、組成もそれぞれ赤:Fe2O3・磁:FeFe2O4と
ほんの僅かの差であり、見た目には結晶形と産状、それから赤鉄鉱の方が
その名の通り赤みを帯びる事がある程度にしか違いません。
(注:磁鉄鉱はFe2+Fe3+2O4ともされます
しかも磁鉄鉱が風化で赤鉄鉱になるのは珍しくないので、更に混ざります。

とはいえ、こんな事は金属鉱では割合日常茶飯事。
普段ならそこまで気にする必要も無いですけど、当地はちょっと話が別。
というのも、実は当地を始めとしたこの産状のものは、「ブラジル産磁鉄鉱」
して非常に大量に出回っている標本だからです。
つまり、それは本当に磁鉄鉱なのか…という問題が付き纏うんですね。

多分ですが、個人的には一杯混ざってると思います。
そもそもそんなに高い石ではない…と言うより廉価な部類に入るものなので、
まず間違い無く1個づつ分析なんてしている訳がありません。
それどころか簡単なチェックすら怪しいでしょう。
基本は結晶形と産状で「磁鉄鉱です」とそのまま判断されているはずです。
で、時々恐らくは磁性でざっくりチェックして弱いものがマータイトになると。
何せこの赤鉄鉱(或いはマータイト)という名義の標本は驚くほど少なく、
また知名度も低いですからね。

まぁ致し方ない部分ではあるかと思います。
とにかく見た目ではまるで判りませんし。

マータイト_ブラジル1アップ1

マータイト_ブラジル1アップ2
表面がちょっと赤くても中までどうかはわかりませんよね。

はっきり言って鉱物系でも厳密な方じゃないとそもそもそんなに気にしないとは
思いますが、「マータイト」の存在を知る人が少数なのも確かでしょう。
ぶっちゃけ私もコレを入手して初めて知りました。
なのでもしかしたらその「厳密な方」の中にもこの存在を知らない方は多い予感。
自分で判断するとなると磁性か条痕色くらいしか材料が無いので、面倒です。
しかもこの標本もそうですが、決して母岩の表面露出部分が風化してなったとも
限らない状態なので、余計判断に苦しむ事請け合い。
ってか現地で磁性チェックして…というのも希望的観測なので、もしかしたら
「ここはマータイト鉱脈」って感じで調べてもいない可能性もあります。

いざ正確な標本を入手しようとすると、こういうのかなり厄介なんですよね。
私自身そんなに気にする方ではないんですが、同時に知っちゃうと気になって
しまうタイプなので、何とも悩ましい所ではあります。
幸い、ウチの「磁鉄鉱」は全てちゃんと磁性がありましたが…。

条痕?
破壊検査は勘弁してください。 orz

所謂「色石」や「飾り石」名も何かとカオスですが。
実は「鉱石」名もかなりカオスなんですよね、本当に…。
その辺編纂した資料本あったら結構本気で欲しいなぁ。(他力本願


BGM:Rage Against The Machine「Without A Face」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1103-625e31d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。