「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
14:55:02
あーついんだよーほほほーお。(狂

取り乱しましたすみません、本日の石日記です。
いやね、今日も午前~昼で河原へ石割りに行きましてね。
もうシャワーで汗も流した後ではあるんですけど、ほぼ半日ずっと
遮蔽物なしの直射日光の下におりましたので何かもうわせdfrgtyふい(ry

なので軽く行きます。

方解石_福岡3
あ、そうそう…首筋の辺りにこうひやっと。

そんな訳で単に冷めそうな子選択。
福岡県は二の岳産の青い方解石です。
実サイズは25x20x10mm程で、塊状のものの劈開片。
方解石の青に独特な少しグレーがかったような感じのもので、
見た目にはそれ程でもないですが光もそこそこ通します。
ちなみに青い方解石は本邦では珍しく、ここや岡山布賀鉱山など
数箇所で知られるのみとなっています。
ま、日本はストロンチウム少ない地質だそうなので、方解石の青の
主な発色要因がソレである事を考えれば自然といえるでしょう。

今回の河原は前回より種類は少ないですが、一応収穫ありました。
特に1つは欲しいと思ってた陽起石(塊状緑閃石他を主体とする岩石と
思ってください)の、かなり結晶も見えて緻密、そして緑閃石の純度の
高いものが入手出来たのは良かったです。
そこそこ大きいもので見付けたので手頃サイズに割りましたが、結構
数が手に入りました。
また、まだきちんと見ておりませんが1つ少々気になる子がおります。
モノとしては安山岩中の脈に育った微細な沸石なのですが、柱状と
角板状の2つが付いておりまして。
最初柱状の方をソーダ沸石だと思っていたのですが、何か違う。
どうも濁沸石なような気がする。
そして、板状の方が何だか輝沸石とも束沸石とも微妙に形が違うような。
この辺で濁沸石と共存する板状沸石っていったら、あとは…

…ゆ、ゆがw(ry

いや、そんな、まさかねぇ?
多分違うと思うんですけどねぇ?
どうでしょうねぇ?

ってかそうだとすると、私自身ソレをしっかり見た事が無かったりするんですが…。(汗
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1078-e6701cd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。