「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
15:54:15
ふー、実家PCのリカバリにも一段落着きました。
予想通りPC自体の復旧作業よりWindowsの更新し直しの方が
遥かに時間掛かった訳ですが、まぁそれは置いといて。

無事完了したので、石日記再開です。

それなりにコレクションも増え、順次画像を撮ってはここで公開して
いる訳ですけども、気付くと「あれ」って感じでまだ鉱物自体登場して
いない子がちょくちょく居たりします。
まー、いくら同種被りも多いとはいえ、種類の方も結構増えて来て
ますから仕方の無い事ではあるんですけども。

で。
つい先日も、戦利品特集中にそういう子が「ありゃ」と2つ。
かなり好きな部類に入るものなのに、出てなかったんですねぇ。
なので、今日明日はその子達を出して行こうと思います。

カロール鉱_コンゴ1
シーゲン鉱の時に気付いたんですよね。

コンゴはShaba産、シーゲン鉱の際にリンネ鉱一族の同属としてお話した、
金属鉱の人気品目の1つ、カロール鉱です。
実サイズは25x10x10mm程のサムネイル級、細かな結晶質の方解石を
母岩として、虹色の酸化皮膜を持つ本鉱結晶が幾つか付いた物です。
どちらかというと本鉱としては小型な部類ですし、これもどちらかといえば
新鮮な輝銀色の方が好まれる傾向にある中いまいち鮮度には欠ける方。
しかしあにはからんや、私はこの酸化皮膜がいい味だと思ってお迎えした
子だったりしますので、これはこれでちゃーんとお気に入りの1品なのです。

カロール鉱は先述の通り、シーゲン鉱の一部を銅で置き換えたものです。
…いや、知名度的には普通逆の表現をするんでしょうけど。(笑
産地はそこそこあるようですけど、産出自体は多くありません。
また、市場にあるものはほぼ大方の割合で当地及びコンゴ産です。
ここ以外では立派な結晶になる事が希少なのが原因みたいですね。

ところで、こいつは今まで出なかった事には先日気付きましたが、
なぜ出なかったかは実は容易に想像が付く子だったりします。
理由は撮影上の超難物だからに他なりません。
というのも、他の金属鉱と比べてもこれだけ酸化しているにも関わらず
まだ強い光輝を保っているため、照り殺しがとても難しいのです。
かといってピント位置で強引に合わせると、他が真っ黒に。
だもので露出を落として撮影し、何とか…というのが今回の画像。
正直自分でも今回は一際暗いと思いますけど、これでようやく
周囲の方解石や本鉱の条線が確認出来るようになったんですよ。
なので、ぶっちゃけ妥協案な状況だったりするんです。

うーん、こういう子はどうやって撮るのがいいんでしょう。
照り殺しと影殺し、同時に出来てる人が本当に不思議でなりません。

ってか半透明白の母岩に白銀の金属鉱ってイジメですよね。(苦笑

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1074-cc7ed3bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。