「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2011/09/07
14:15:23
さて、本日の石日記からは特集も終わったので通常更新です。

風は涼しくなって来ましたが、まだまだ暑いですね。
首都圏郊外と比べれば私の実家方面は大分違うはずなのですが、
それでも屋外でうろちょろしてると汗でTシャツがどっぷりです。
そんな時は水分は勿論ですが、アレの補給も忘れちゃいけません。

湖塩_ジブチ1
本来なら来る事は無かったであろう。

そう、これこれ、「塩」です。
という訳で本日の子は、アフリカ北東部はジブチ共和国にあって
有名な塩湖、アッサル湖畔産の所謂「湖塩」です。
実サイズは一玉あたり径5mm前後。
御覧の通り乳白色で透明感があり、軽い艶のあるころんとした玉です。
ちなみに戴きものです、ありがとうございます。

…というか、戴きものじゃないと来ないはずの子でした。
何せ私は六畳間コレクターですから保存にそこまで環境を整えられない
関係上、強い変質傾向のある鉱物はお迎え自体をNGにしているのですから。
だって、入手しても維持出来る気がしないんですもの。
なので、普段は譲与を申し出て戴いてもそういう場合は固辞してました。
ですが、これは先述の通りのサイズもあって、簡単に理科学用の
気密瓶に保存が可能でしたのでお受けしたという訳で。
でもやっぱり自分からは入手しなかったタイプでしょうね。
料理用には別かもしれないですけど。(笑

さて、湖塩。
実はこの塩湖や海岸に生成する蒸発塩の名称について調べたんですが、
いまひとつ「これだ」という正式名称っぽいものが見付かりませんでした。
鉱物としての分類的に岩塩になるのは確かみたいなんですが、その辺は
今でもはっきりしてません。
なので、画像記載の「LakeSalt」は一番目についた表記をそのまま
使用しているだけです、あしからず。
日本でも海岸で晴天続きの際こういう蒸発塩を見る事は出来ますけども、
ここまで立派な玉になるのはやはり乾燥地帯故といったところでしょう。
日本じゃ出来てもすぐ潮解しちゃいますしね。

何てことは無い玉といえばそれまでですが、妙に愛嬌がある子です。
全部で三玉、全てにそれぞれ個性というか表情があって、
不思議な愛着の湧く感じすらして来たり。
たかが塩ですけども、鉱物界での表情はとても豊かです。

皆さんもまだまだ続く暑さに負けぬようお過ごしを。


※執筆時BGMの記載は実家滞在の間はお休みします

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1072-896164dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。