「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
11:54:17
昨日予告の通り、本日1発目の石日記は横浜戦利品ではございません。
先の撮影で生まれた「かいしんのいちげき」な子、もう1つです。

何の因果か両方青い石だったんですよねぇ。

アクアマリン_ナミビア1
うっひょひょ。

という訳で今回はナミビア・エロンゴ山系産のアクアマリンことベリル。
実サイズは20x10x7mm程で、少々マイクロには長すぎるくらい。
さして高額なものという訳でも無いのですけど、ご覧の通り中々に
強めの青とそれなりの透明度、そしてやや母岩干渉があるものの
非常にきっちりと整った柱状結晶が2本組み合わさる美しい子です。

この子はちょっとおかしな入手動機でした。
もちろん、スタイルが気に入ったとか価格比でかなりいい感じに
良質だとか、また実はこれがナミビアアクア最初にして現状唯一の
ものだとか、そういう部分もあるのですが。
しかし最大の理由は、コイツに似てるから。(笑
いやぁ、何か無性に並べてみたくなっちゃいましてね。

ところが画像を撮ってみたら、もうそんなのどうでもいいやなこのデキ。
お陰でそっくりさん同士並べて撮るのをすっかり忘れてました。(苦笑
今まで個人的にアクアのベストショットはこの子だったのですけども、
今回すぱーんとトップに躍り出てしまいました。
これでいわゆる「必要以上にキレイ」には写ってないので現物の実力も
相当なものではありますが、それをここまで引き出せたのは正に会心。
特に小型品が多いという性質上光量とハレーションのバランス限界で
苦しむ事が多く、ある程度は趣味とはいえどうしてもやや暗めになりがちな
私にとっては、これは正にベストバランスを捕まえたと言えるものです。

嗚呼、何時もこのクオリティで撮れたらいいのに。
でも、こういうのが出て来るって事は自分の腕がそこへ近付いているという事でも
ありますから、多分これを励みに精進しろとコンデジの神は言っておられる。

…うん、コンデジはまだまだずっと先までいける。
それを引き出せるように、自分も頑張ろう。


BGM:Dark Tranquillity「Zodijackyl Light」

スポンサーサイト


コメント
ホント、かいしんのいちげき!ですね~

ため息ものの美しいブルーだわぁ(*^_^*)
ナミビアのアクアマリンはカラーが深くて
きっちり六角柱なのが多いですね。

なによりTONGARIさんの撮影技術がすごい。
サイズを知ってビックリの極小結晶まで
どうやってここまでキレイに写せるんだろう~・・・
と、いつも目剥いてます(笑)

ひいらぎ│URL│2011/09/05(Mon)11:32:00│ 編集
Re: タイトルなし
お褒めありがとうございます。(*´▽`)ノ

別に撮影に付いては前にも書いたとおり在り物を機材化してる程度で
他に変わった事はしてないので、殆どカメラがやってくれている事です。
ただ、強いて言えばそのピント位置が何処に合うかが運試しっぽいのと、
撮影時自分が何処までフリーズ出来るかにかかってますから、とにかく
「おし」と思えるまでひたすらシャッターを押すことですかねぇ。
ある意味完成画像1枚に対するボツ画像比ですっごく無駄な事してます。(苦笑

ナミビアのアクアは本当に実力が判り易い子が多いですね。
鉄電気石の同居率が高いのと、パキに比べどうしても流通量で劣るのとで、
キレイな石が好きな人に対しては若干損をしているという気もしますね。
もしかしてパキスタンより間口が広いのかもとも思えます。

え、ブラジル産?
いやほら…ブラジル産って良品になるといきなり高くなりません?
何かそんなイメージあるんですが。

TONGARI Take│URL│2011/09/05(Mon)18:53:05│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1067-8d9a98cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。