「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2011/09/03
17:23:45
さて、本日2発目の石日記です。
今回は横浜MTW特集の続きですよっと。

今回横浜の戦利品では、相変らず水晶が控え目でした。
先日の赤鉄鉱に付いておりましたが、明確な付随はアレだけです。
じゃあメインではあるのかといえば、今回はあります、1個だけ。

その1個がこの子です。

紫水晶&方解石_中国1
溶かし出しのようで何か違う?

中国は湖北省、Edong鉱区産の紫水晶&方解石です。
実サイズは40x40x45mm程、下面がカット面になっているやたらと
座りの良い感じクラスターで、まるで溶かし出した様ですが結晶面を
細かく見てみると元からこうだったんじゃないかと思えるやや不定形な
半塊状の方解石を母岩に、2つのころりとした両錘の紫が付いています。
紫水晶のイメージとしてはこれまでの中国産的というよりも、むしろ
カザフスタンマダガスカルのそれのイメージに近いですね。
また、緑の部分は何だか不明ですが、多分緑泥石じゃないかと。
ちなみにこれは、今回数少ない「事前にサイトで見た」訳ではない子です。
更にちなみに、店舗様曰くこの産地は金鉱で、その鉱脈上からこのような
物も含め数パターンの水晶を産するのだとか。
雑感の時に書いた無理に付きスルーした赤水晶というのもここです。

…正直アレは本当に惜しかった。(´・ω・`)

さて、この子に付いて一口に言えば良い景色の子。
未熟故に画像でお伝えし切れない部分があるのは残念ですが、その産地と
この石の風景の気配が実にマッチした子だと思うのですよ。
紫と言うのは古来より洋の東西問わず高貴な色とされている訳ですが、
峻険でありながらも柔らかな豊かさを感じさせる山の如き方解石に
静かな存在感を放つ紫水晶が乗った姿は、どこか寓話的な気配もあります。
だからなのか、一目見た時に「ああ、これは仙境の風景だな」と。
現実にあるものでありながら非現実的、そんな雰囲気を気に入ってお迎えしたのです。

ここ最近では最も純粋に「盆栽石」としてのお迎えとなった本品。
この子のお迎えによって、私も石世界もうすぐ3年にして、少し悪い意味で
コレクター気質が出ちゃってる部分があったかもしれないなぁ…と、オノレを
見つめ返してしまったりした訳です。


BGM:Camel「Echoes」

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/1066-74595bb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。