「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:35:27
さて。
昨日まで戦利品報告の影響で水晶だらけでしたので、
本日は一転して思い切り地味~に。

ショール1
多分国内での知名度から言えば、鉱物界中屈指でしょう。
ブラジル産のショールこと鉄電気石です。
判り易く言えば「石というより健康器具化してる黒いトルマリン」。
サイズは大体高さ40mmほど。

鉄電気石は14種を数える電気石グループ中、最大手の一派。
ドラバイトこと苦土電気石とは兄弟で、成分により固溶体の中間種も
あります。これはブラジル産という以外不明な品ですが、どうもやや
苦土電気石が混じっているらしく、極僅かに琥珀色に透ける部分があります。
実にしっかりとした結晶で、実物は地味ーな黒い柱なのですが、こう画像に
してみると独特の凄みが滲み出ている感じが致します。

電気石グループはその名の通り、圧電・焦電と二種の発電性を持ちます。
…とはいえせいぜいホコリを吸い付けるのがいい処でして、静電気にも
静か過ぎるくらいではあります。
また、その影響(?)でか両端面に結晶形が出ている場合、必ず双方の
結晶形が違う(『異極性』といいます)そうです。
実際これも、両面の結晶エンドが違う形をしております。
+極と-極と思って頂ければ大体合ってますね。
(ただし、圧電時は通常時と極性が逆になります

ちなみにSchorlの語源は「不要な鉱物」だそうなんですが…。
…これ、かつては静電気を利用してパイプ(喫煙具)の灰取りに使われてた
歴史があるんですよ。その上で「不要」?

喫煙者イジメって、そんな歴史あるものでしたっけ?(´・ω・`)
むしろ「マイナスイオン」こそ科学的根拠も何も無いんですけどねぇ。

…それはともかく。
無骨極まり無い鉱物の1つです。
見た目に関しては、完全に「ちょっと重過ぎる炭の塊」。
実のところ、私自身もそこまで美しいと思った事は無かったのですが。

でも、この画像を撮った事で意識が変わりました。
ショールは決して「不要な鉱物」などではありません。
多分、鉱物界の「醜いアヒルの子」的スタンスにいるんですよ、これ。
ちゃんと本質を「観て」やれば、ヘタな宝石鉱物より美しいかもです。

ちなみにこれだけいい風景持っている良結晶なんですけど、何気に
「石屋で買ってない石」なんです。
お風呂用で売っているパックの中…しかも無選別品が、どれも鉱物標本
顔負けの結晶形と風景を持つ逸品だったんですもの。
しかも同サイズの結晶標本1本よりお安かったんですのよ奥様。
マイナスイオンに科学的根拠はありませんが、地味に妙なところで
恩恵はあるのかもしれません。(苦笑
まぁ、そのせいで詳細産地不明でもあるわけですが、風景派の私には
左程問題になりませんで。

「一寸の虫にも五分の魂」って虫をナメてるよねー的な一品なのでした。

BGM:Anekdoten「Monolith」
     ある意味ぴったりだぁ。(・∀・)
スポンサーサイト


コメント
(^^)
私も石屋さんでは買ってません!
雑貨屋さんで、ボウルに一杯で500円!とか言うのでどさっと買ったりとかです(^^ゞ

でもこの石、地味で派手な感じがあります(^^)
なんといったらよいか言葉が見つからないのですが・・・

深いです。

kana│URL│2009/07/08(Wed)17:35:20│ 編集
Re: (^^)
風景優先なので、石屋も川原も同列なんですわ。(笑
ただ、「産地を知りたい」場合はやはり石屋さん最強ですけどね。

ショールは普段「名脇役」ですが、名脇役を努められるという事は
すなわち名俳優であるわけでして。
主役に立った時はそれを存分に発揮してるんでしょうね。
その辺、長石や雲母に通じる部分もあるような気が致します。

何となくSFちっくなんですよねー、この石。

"TONGARI"-Take│URL│2009/07/09(Thu)00:08:12│ 編集
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://twws.blog38.fc2.com/tb.php/102-34075ae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。