「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2010/09«│ 2010/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2010/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:35:43
3本目は石日記です。

ふと、少し「盆栽派」に付いて。
私ほど特化しているかどうかはともかくとして、恐らく石を
お好きな方は大なり小なり「風景」を見て入手されているのでは
無いかと思います。
無論メインとなる方向性は人それぞれでしょうが、その範疇で
良い景色である事は、大きな入手動機の1つでしょう。
逆に私のようにメインに風景を持って来ているほうが、方向性として
非常に曖昧な部類に入るとも言えるかもしれません。

そーゆー「無意識の盆栽目線」を実感するのは難しいかもですが、
個人的に「そういう目線で選ばれている事が顕著に出やすい」と
思える子が幾つかおりまして。
本日は、そんな子の1つから。

紫水晶_カザフスタン1
こつんと1個。

有名品目、カザフスタンはBalkhash Lake産の紫水晶です。
実サイズは30x15x20mm程、表面をぴっちりちまい水晶に覆われた
母岩の隅っこに、こつんと1個両錘のアメシスト。
産状・スタイル共に、当地の典型と言えるものですね。

個人的にここカザフの、このタイプのアメシストはその人の
風景的な好みが非常に出やすい石だと思ってます。
色々画像等を拝見しておりますと、皆似たような姿でありつつも
確かに何となくその方の好みを反映してるなーってのが多々。
結構産状スタイル的にはお決まりと言うかワンパターンな感のある
産地なんですが、それでもやはりちゃんと皆さん個性を持って迎えてます。

さて、アナタのお手元にもいらっしゃいますでしょうか?
いらっしゃいましたら、今一度向き合ってみるのも良いかも。
もしかしたら、自分の「好きな風景」が何となく見えるかもしれません。

勿論、この子は大のお気に入り。
実はコレが狙って迎えた訳では無く、無選別品で来るまでどんな子か
まるで判らなかったのに来てみたら好みだった辺り、強い縁力を感じるのです。


…ところで余談なんですが。
池袋前に、もう1回何か特集やろうと思うんですがね。
何かリクエストってございます?
もし出来るものであれば、やってみようかと思うんですけど。


BGM:Hugh Hopper「Miniplenty」

スポンサーサイト

プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。