「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2009/10«│ 2009/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2009/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
17:38:25
でしょ!(・∀・)

本日の石日記も土曜ですので、週末鮮やかタイムです。
ちょっと前から中の人が若干弱り気味でしたが、今週末は
そうは言ってもおられませんで。

なんたって明日はライブですからネ!(・∀・)

しかも普段ミドルテンポ等が多めのMyバンドにはちょいと
珍しい事に、今回比較的カットビ曲が多い予定。
こりゃー、今から徐々にテンション上げて行かないと置いて行かれます。
…いや、ウチのメンバー達ってば本番容赦無いですから。(笑

という訳で、テンションアッパーな事この上ない、
思い切り鮮やか赤系で参りますぜ!(・∀・)

含コバルト方解石_モロッコ2
…にしても濃い?(苦笑

元気注入といえばこのお国、モロッコはBou-Azzerより名物
含コバルト方解石2号です。
百面相の名手である方解石の亜種だけあって、この石も産地が極端に
限定されている割には産状が異様に豊富でして。
これがあの1号と同じ石とは思えません。(苦笑
実際、色味だけでもほぼ無色に近い薄っすらピンクから殆ど赤紫の
極濃色まで、無茶苦茶なバリエーションが存在します。
無論、結晶スタイルも然り。

この子は実サイズで約40x40x20mmほど。
やや薄板状ですが、全体が含コバルト方解石で出来ており、裏には
ちょこっとだけ鉄分で赤くなったノーマル方解石(多分)が付いております。
その為そのままでもやや濁り気味の濃厚な紅色なのですが、光を通すと
ご覧の通り裏の鉄分レッドが加勢してすんごい色に。(笑
濁り気味とはいえ透明度自体は低くないので、かなり強烈。
また、結晶もぱっと見にはわちゃっと群れただけに見えますが、何気に
これは細い柱状結晶の放射型集合体。
球形度が低いので判り辛いのですけど、やってる事はこのへんとあんまり
変わっておりません。

さあ、私はこの子で一発目を覚ましてから、本日一人で勝手に前夜祭
(要は普通の呑みか)に行ってテンションかち上げて参ります。
皆さんも高テンションをキープ出来る、良い週末でありますように。

そして、宜しければライブにもいらしてください。(笑
オトナの子供部屋的空間、楽しいですよん。

さて、明日はライブに付き通常の石日記はお休みさせていただきます。
また次回・月曜をオタノシミニ!

BGM:Pride & Glory「Fadin' Away」

スポンサーサイト

プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。