「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2015/05/03
15:53:29
何もしないのもアレなんで・・・。

生きてます、相変わらず悶々としてますが。
ショー等にお誘い戴いてますが、行けなくて申し訳ないです。
新宿・・・何とかしたいですが、どうかなあ。

オパール_愛知1_480

遊色は無いですが結構良い青。

まあ前ほど濃い記事じゃないかもですが、そこそこ更新再開しようかな。
というか大分ブランクあるので、濃くするには情報不足とも言う。

の割にこっちは精力的じゃないかって?キノセイキノセイ。

スポンサーサイト

21:32:00
こばわー。

いやー、断続的な悪天候。
そういえばこっちに戻って来て、気が向いたら河原行けるなぁとか
思っていたんですけど、今冬は見事にダメそうですねぇ。(´・ω・`)
実に絶妙なタイミングで増水→減ってくる→もう少しってとこで再増水と
いう無限コンボ的な何かが止まりませんわ。

さておき。
本日の石日記はこの子で参りましょう。

鉄斧石_大分1_480
しゃっきり感が欲しかった。

大分県豊後大野市は尾平鉱山産の鉄斧石です。
実サイズ50x45x40mm程のブロック状で、露出面に当る1面が本鉱群晶に。
個々は小さなものですが、実にきっぱりとした刃の名を持つに恥じない
シャープな結晶が大量に付いており、中々賑やかな子です。
賑やかでも決して騒乱の感は無くストイックなのは、その抑えた色味と
居住まいの鋭さのせいでしょうか。
以前から良い斧石の標本には剣客めいた気配があると思っておりましたが、
何となくその考えを再確認するような子ですね。

私は冬が非常に好きなのですが、その最大の理由はしゃっきりするから。
特に朝、気合は必要(苦笑)ですけど外に一度出た時の、あの肌を刺すような
冷気と共に瞬時に意識が覚醒する感じが好きでして。
なので、一番集中出来る時期でもあるんですよ。

あるんですけどねぇ。
今年の冬は、何かねえ…。( ̄x ̄;

残り僅かですが、少しでも私が好きな冬が来てくれる事を祈っていたりします。



BGM:Focus「Moving Waves」


23:05:48
さて、小話の次は石日記です。

現在私の住む故郷・神奈川県西山沿いもとうとう本日初雪です。
ここは山肌なのですが、小田原方面からの海風吹き上げ影響範囲に
入っているので意外と暖かく、都内よりずっと降り難いんですよ。
それでも昔はそれなりに降っていましたが、最近は年に1~2回程度。
今年は予報は雪ばかりでしたが結局雨な事ばかりで肩透かし連発
だったのですけども、ようやく的中という訳で。(苦笑
雪が好きな私は引越し後1度でも見られたのでホッとしております。

まぁ、その分湿度↑で塗装系作業が全然出来ないんだけどな! orz

ともあれ。
そんな底冷えの日、タイムリーに暖かい感な石の続きです。
今回はそんな我が実家で拾った(苦笑)アイツを行きましょう。

瑪瑙_北海道2_480
拾っただけ。

北海道は石狩湾岸産の瑪瑙です。
以前採集記の余談で書いた時のコイツそのもので、これの相棒です。
実サイズは大体同じくらいの60x35x35mm程、こっちの方が少し太め。
縞もはっきりしたより外縁要素の強い感のあるもので、白地に挿す
赤にはっとする1号と違い全体に交じり合う赤と白の妙に味が。
透明感もかなりあり、スリガラス状の表面をキレイに磨けばもっと
きっちり透けるのではないでしょうか。

これがホントに庭で採れるならバンザイなんですが。
流石にそんな美味い話も無く。(苦笑

瑪瑙の自然発色の赤は余程外れない限り、常に暖かい気配がありますね。
雪の降る夜は、とろりとした優しい風合いに包まれるのも悪くなし。


BGM:なし


2013/02/09
19:27:12
本日の石日記です。

ちょいと今日は脳味噌使用頻度高め。
イロイロと考える事がございまして。

だもんで、石もシンプル且つ静謐感のあるもので。

微斜長石_岐阜1_480
…。

複数画像なので続きへ参ります。



11:40:34
…更新は、ですね。

普通に出来ます。(笑
つまり、昨日の環境崩し→再構築作業は滞り無く終わったと。
やー、良かった良かった。(´ω`)

んでもって。
今日は細々としたモノの位置移動や調整をする訳ですけども、ちょっと
平行して塗装作業中のものがあるのでその時だけは違うものの殆ど
*へやのなかにいる!*(Wiz風味)という状態になりますので。
多分今まで頻発した休載の奪回分も込めて複数更新すると思います。

その1発目。
昨日からは緑の珪酸塩で繋げ、一気に地球を半周。
我等が日本より参りましょう。

緑閃石_愛媛1_480
春への扉・ver.2。

複数画像なので折り畳みます。



プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。